ストレスと積極的に付き合っていこう|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 大学と企業の合同相談会2018<2018.6.18開催>

ストレスと積極的に付き合っていこう

HRプロ編集部
2017/12/27

職場でのストレスチェックが義務化されるようになり、にわかに「ストレス」という言葉を聞く機会が多くなってきた。臨床心理士として、働く人のカウンセリングをしていても、多くの人が仕事でのストレスを抱えながら働いているということを実感する。かくいう筆者も常にストレスを抱えながら仕事をしているし、人が職場において、さらに大きく言ってしまうと人生において、ストレスをまったく受けないということは不可能に近い。そこで今回は、ストレスの分類に加え、そのコントロール法などをご紹介する。

そもそもストレスとは

ストレスはもともと「ゆがみ」や「ひずみ」を意味する物理学用語で、外部からの何らかの刺激により引き起こされる「ゆがみ」や「ひずみ」が元に戻ろうとエネルギーを働かせている状態のことを言う。つまり、周囲に起こった出来事に対して、私たちの心身が、その状態に適応しようとしてエネルギーを発生させることをストレスというのである。

ストレス学説の生みの親とも言われるハンス・セリエ(Hans Selye)博士も、「ストレスは人生のスパイスである」と言っているように、適度なストレスは人生に変化を持たせ、活力を生み出してくれる調味料のようなものである。

ストレスと聞くと、いかにも悪者で、ストレスなどないほうがいいに決まっている、と思っている人も多いかもしれない。しかし、ストレスは避けられないもので、それ自体が本来私たちに備わった生体反応とするならば、「害である」とするよりも、「どううまく付き合っていくか」が重要になってくるのではないだろうか。

いいストレスと悪いストレス

実は、ストレスには「いいストレス」と「悪いストレス」がある。いいストレスとは、ずばり「適度なストレス」、悪いストレスとは、「過度なストレス」だ。人が生活の中で日々向上していくためには、ある程度のストレスを受けて、それを自分自身で克服していく必要がある。

例えば、何かをやり遂げようという目標をもっていた時、新しいことへの挑戦は必ずストレスを伴うものだ。また、仕事における「やりがい」「達成感」なども、適度なストレスがあってこそ感じられるものだ。ストレスが一切ないと頭も鈍ってしまうし、体の機能も哀えてしまう。 定年を迎えて社会的ストレスから開放されると、急に老け込む人が多いのは、よく聞く話だ。これらは、いいストレスの効果であるが、一方で、そのストレスが自分の力ではコントロール不能なレベルだったり、辛い状況が慢性化していたりする場合は、悪いストレスになりえてしまうので注意すべきである。

また同等のストレスであっても、捉え方とコントロールの仕方で、その人にとって「いいストレス」となることも「悪いストレス」となることもあるのだ。

ストレスをコントロールするために

ストレスと積極的に付き合っていくには、ストレスを意識的にコントロールできるようになることが不可欠だ。そのためには、次の4つのポイントが重要である。

1.ストレスを理解する
ストレスの構造や「いいストレス」「悪いストレス」の違いなどを理解しておくことで、自分に起きている変化を冷静に捉えることができるようになる。

2.自分のストレスレベルを把握する
自分がいま置かれている状態、余裕の有無を客観的に把握する。

3.自分のストレスサインを把握する
ストレスサインとは、ストレスが過剰になったときに心や体、行動に現れる変化のこと。人によって、現れ方も種類もさまざまである。自分のストレスサインを把握しておくことで、その頻度や程度によって、ストレスレベルを把握することができる。

<ストレスサインの例>
・口答えや批判が多くなる
・ささいなことに腹をたてる
・遅刻や欠勤が増える
・トイレや休憩の回数が増える
・コーヒー、タバコ、間食の量が増える
・身だしなみが乱れる、気にならなくなる
・よく眠れない など

4.自分がストレスを受けやすいストレッサー(ストレスが高くなる要因)を知る
ストレッサーとは、ストレスを高める要因となるもの。自分にとって何がストレスを引き上げる要因となるのかを知っておくことで、そのストレスに事前に対応したり、過剰なストレス状態を予防したりすることができる。

<仕事におけるストレッサーの例>
量的ストレッサー:業務量過多、時間的切迫
質的ストレッサー:役割不明瞭、裁量権不足
物理的ストレッサー:職場環境(照明、温度、騒音、換気 など)
精神的ストレッサー:人間関係、セクハラ、パワハラ、ライフイベント など

1〜4のポイントをおさえて、過度なストレス状態に陥らないようにすること、また、あらかじめ自分にとって効果的なストレス解消法のレパートリーを持っておいて、ストレスが高まってきたと感じた場合にそれを適切に実施することが大事だ。そうしてストレスと積極的に付き合えば、逆に、仕事のパフォーマンスを高めることができるようになるのである。
Office CPSR 臨床心理士・社会保険労務士事務所 代 表
一般社団法人 ウエルフルジャパン 理 事
産業能率大学兼任講師
植田 健太

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

関連リンク

  • 「マインドフルネス」を新入社員向け研修で実践〜リプトン ポジティブアクション

    ユニリーバ・ジャパンの紅茶ブランド「リプトン」は、2018年4月16日、株式会社ガイアックス、株式会社モバイルファクトリー、株式会社オールアバウトの3社が合同で実施する新人研修の一環として、仕事の集中力を高める「マインドフルネス」のセミナーを開催。この合同新人研修は、次世代リーダーの育成を図る複数のベンチャー企業が、2012年から実施しているものだ。一方、リプトンは、紅茶を通じて前向きに頑張る人を応援する「リプトン ポジティブアクション」を2017年から展開。3社の合同新人研修の趣旨に賛同し、セミナーを開催する運びとなった。

  • 副業と残業代・通勤災害の関係

    「副業解禁で生活はどう変わる?」「複業を解禁しなければ人も企業も成長しない」「副業から始める起業のすすめ」…このように巷では、“副業“をキーワードとしたニュースで溢れかえっている。これまで副業は、本業に集中できない等のネガティブな部分が強調されがちであったが、昨今では、副業によって新しい気づきがある等、ポジティブに捉えられているのではないか。終身雇用制度が崩れかけている(すでに崩れているかもしれないが)現在、副業を含め、働き方を自分自身で選択していく時代になったのではないだろうか。ここで、副業(複数の会社で雇用契約を結ぶ場合)の労働法の適用はどのようになるのか、よく問題になりうる「労働時間」と「通勤災害」について整理する。

  • 職場作りのヒントは法律にあり?安衛則のユニーク規定あれこれ

    社長「新年度にあたり、職場の大掃除を実施する!新人を気持ち良く迎えよう!」 社員A「はい!(納期が近いんですけど…)」 社員B「いいですね!(やれやれ、また社長の思いつきが始まった…)」 社員C「やりましょう!(掃除なんて仕事じゃないよな…) 「社内清掃」と聞くと、皆さんはどのような印象を持たれるだろうか。自発的にするものだろうか。それとも仕事の一部だろうか。後述するが、実は、社内清掃の実施は労働安全衛生規則という法律上の義務とされている。この労働安全衛生規則(以下、安衛則)では、この他にも、職場に関する意外な義務が色々と定められており、興味深い法律の一つといえる。今回は、そのうちのいくつかを紹介したい。

  • 全国で一斉にテレワークを実施する「テレワーク・デイズ」が 今年も始まる

    2018年4月20日、昨年に引き続き総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、内閣官房、内閣府、及び東京都関係団体が連携して展開している、働き方改革の国民運動「テレワーク・デイズ」の参加企業・団体の募集が始まった。本年度のテレワーク・デイズは7月23日(月)〜7月27日(金)の間に実施され、参加企業・団体は7月24日(火)を含む計2日間以上で一斉にテレワークを行う。

  • 経済産業省、理工系人材需要状況に関する調査結果を発表

    経済産業省は、2018年4月20日に理工系人材需要状況についての調査結果を発表した。この結果からわかった「5年後、技術者が不足すると予想される分野」に対する各企業の採用動向についての最新情報と傾向は次の通り。

  • 大学生低学年のキャリア意識調査 8割がインターンシップ経験を希望

    2018年3月、株式会社マイナビは、「マイナビ 大学生低学年のキャリア意識調査」の結果を発表した。同調査は、2018年2月14日〜2月21日、大学1、2年生の男女1,059名を対象に実施されたもの。調査結果からは、大学生低学年のキャリア観に影響を与えているものや、学生が求める企業説明会・インターンシップの在り方などが浮かび上がった。同結果を見ながら、今後の採用活動の在り方について考える。