トランストラクチャ組織・人事コラム第24回 自社の用語学習 | 採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • 11/21開催:キャンリクフォーラム 大学と企業の合同相談会2017
トランストラクチャ組織・人事コラム

第24回 自社の用語学習

株式会社トランストラクチャ シニアパートナー 吉岡 宏敏
2015/12/17

何十年も、言葉の読み方を間違えていることがある。ある会社の顧問がしきりに「ダンコンゾクがどうした」とか「ダンコンゾクにとって問題は〜〜」と言う。意味が分からなかったが、それは、団塊の世代のことで、団塊族と言っていたのだった。もと社長だった彼は、70歳近くなるまで、その誤読に気づかないでいたのである。
ここまで極端な間違いではなくとも、たとえば相殺(そうさい)を「そうさつ」と信じ込んでいて、堂々と使っていたりするようなことはある。たいていは、こちらの年齢を慮って相手も間違っていますよ、とは指摘できないから、いつまでも気が付かない。あるとき知ったときの恥ずかしさといったら筆舌に尽くしがたい。

相殺を間違えるように、直截(ちょくせつ)を「ちょくさい」と読んだり、早急(さっきゅう)を「そうきゅう」と読んだり、この手の間違えやすい言葉はきわめて多い。ややこしいのは、辞書にさえ、誤読と明記されずに慣用読みと書かれていたりするから、自身の間違いもそれでいいのかも、と思ってしまう。

誤読ではないが、その言葉自体が間違っているものとして、独壇場という言葉がある。これはもともと、独擅場(どくせんじょう)で、「ひとりほしいままにする」という意味でうまれた言葉だ。それが、擅と字面が似ている壇が間違って使われ、「ひとり壇上でふるまう」と意味もそれっぽいので間違いに気づかれない。

このことを知ったのは、高校の現代文の授業であった。しかし、すぐに辞書を見てみると、独壇場がしっかりと載っている。さっそく、してやったりとそのことを先生に指摘すると、「辞書が間違っている。辞書は信用するな」と言い放った。そして、そもそもの言葉のなりたち、本義こそを知ることの重要性を力説したのだった。

この高校は、6年一貫の受験校であったが、現代文の教師に限らず、どの教師も、本質理解のスタンスが共通していた。数学の教師は、「公式は一切覚えるな、必要なときに公式が作れればいい」といった。古文の教師は、「古語なんてどうでもいい」と言い、その時代の生活をとにかくリアルにわからせようとした。英語の教師は、徹底して語源にさかのぼることで、単語の意味を推理できるように腐心した。と同時に文法の意味に言及し、発音なんて二の次だった。

受験を通過しうるような学力とは、暗記力ではなく、どんな問題にでも応用できるような柔軟な力でなければならない。そのためには、そもそもの本質やなりたちを理解し、常にそこから発想し、推論できなければならないということである。この事情は、仕事をするうえでも同じだろう。分業された一つの小さな仕事であっても、その「そもそも」を考えて対峙できなければ、単なる作業に成り下がってしまう。そもそも論から考えるから、工夫や改善や革新がうまれ、また本人の成長につながる。

各社の仕事の現場には各様の、固有の言葉がある。言葉自体は同じでも、意味や歴史やなりたちは、それぞれに異なる。そこにはもちろん誤読があってはならないし、なにより誤解があったら組織としてうまく回らないだろう。自社の言葉は、全社員が、そもそも論で理解していなければならない。理念浸透やバリュー行動の喚起は大事なことだけれども、それ以前にまずは、自社用語を題材とした“受験勉強としての現代文授業”が必要なのかもしれない。
  • 1

プロフィール

株式会社トランストラクチャ シニアパートナー 吉岡 宏敏

東京教育大学理学部応用物理学科卒業。ウィルソンラーニング・ワールドワイド株式会社コーポレイト・コミュニケーション事業部長等を経て、株式会社ライトマネジメントジャパンに入社。人材フローマネジメントとキャリアマネジメントの観点から、日本企業の組織人材開発施策の企画・実行支援に数多く携わる。同社代表取締役社長に就任後、現職。

【雑誌・新聞・その他メディア】
『職はインターネットにあり』(NTT出版)『ソシアル・リプレイスメント仮説』(ユー・ピー・ユー)「日米キャリア・マネジメントの新しい手法の展開」(『企業と人材』産労総合研究所)「元気が出るキャリアマネジメント」(『週刊金融財政事情』金融財政事情研究会)等

企業情報はこちら
提供サービスはこちら
セミナー情報はこちら

2019卒版 インターンシップ プログラム作成完全マニュアル申込受付中