「なにがやる気を決めるか」 〜モティベーションの自己調整のすすめ〜

HRソリューションフォーラム 講演録

◆やる気を自己調整できる人間になる
われわれがモティベーション論を学ぶのは、それを学問として、また鑑賞するように学ぶのではない。実際にモティベーションの真価が問われるような大仕事の舞台で、自分のやる気を自分なりに、きちんと維持、調整、必要なときに高揚させることのできる人間になるためだ。
 元GE会長のジャック・ウェルチは、リーダーシップについて4つの要素を取り上げ、「4Es」(フォーリーズ)と呼んでいる。「4Es」を紹介しよう。「Energy」は[元気のもとになる]、「Energize」は[周りの人びとを元気にする]、「Edge」は[決断してアクションがとれる]、「Execute」は[最後までとことんやり抜く]。
 この「Execute」[やり抜く]を支えるのが、モティベーションであり、意志力だ。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRプロ 株式会社 HRソリューションフォーラムレポート

関連リンク