「揺れる日本型雇用の課題と将来展望」 〜変化に対応するために人事に求められること〜

HRサミット2012講演レポート

◆いまも生き続けている日本型雇用
 日本型雇用とは終身雇用、年功序列を指している。経済企画庁が行った「企業行動に関するアンケート調査」(1998年)では、メリットとして、帰属意識・忠誠心が強まり、長期的な教育投資が行え、雇用の安定が図れることが挙げられている。デメリットは、悪平等になり、有能で意欲ある従業員のやる気を削ぐことだ。デメリットはあるものの、外資系企業を除き日本型雇用は一般的だった。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

著者プロフィール

HRプロ 事務局 セミナーレポート

関連リンク