特典無料

「人的資本経営」の実現に向けて - 360度フィードバックデータの 作り方、活かし方、運営の仕方

「人的資本経営」の実現に向けて - 360度フィードバックデータの 作り方、活かし方、運営の仕方
費用: 無料
開催形式: オンライン(ライブ)
※本セミナーはZoomを使用したウェブセミナーです
視聴URL連絡方法: ・HRプロマイページ上でご案内
・申込完了時にメールでご案内
提供会社: 株式会社シーベース
特典 ウェブセミナー終了後、アンケートへ記載頂いたメールアドレス宛に別途セミナー資料をお送りさせて頂きます。

このセミナーの主な対象者

・経営者、人事部の方、経営企画室の方
・360度フィードバック施策について情報収集をされている方

日程・申込

日程情報はありません。

セミナー概要

このセミナーのポイント!

本ウェビナーでは、360度フィードバックを人的資本形成につなげる道筋とともに、そのように活用するためのポイントを紹介します。

上場企業において、人的資本経営、特に「人的資本に関する開示」がなお大きなテーマとなっています。しかし、自社において、「経営戦略-人材像-方策-指標・目標」をどのような道筋で考えたらよいのか、人的資本形成の方策としてどのような方策を選定したらよいのか、ということは明らかではなく、指針類を参照しても、自社に当てはめての解釈や応用が難しいのが実情ではないでしょうか。

人的資本形成の方策として、「教育訓練への投資」が王道であることはもちろんですが、それと並んで、「360度フィードバックの導入・活用」は有力な候補となります。360度フィードバックには、人的資本の形成に向けた様々な機能を果たさせることができます。それは、人的資本に関する開示においても、強い武器となることが想定されます。

ただし、そのような機能を果たさせるためには、導入・活用において押さえるべきことがあります。本ウェビナーでは、360度フィードバックを人的資本形成につなげる道筋とともに、そのように活用するためのポイントを紹介します。

プログラム

3月19日 (火) /12:00-13:00

「人的資本経営」の実現に向けて 360度フィードバックデータの 作り方、活かし方、運営の仕方

1.人的資本経営に向けて360度フィードバックが果たす機能・役割
2.大手企業における360度フィードバック活用の進化の状況
3.最新のレポーティング法と、組織としてのデータ活用法
4.組織全体に拡大していくための運用上のポイント

※ウェブセミナー中、随時質問を受け付けております。
 また質疑応答のお時間を最後に設けております。

■登壇者:南雲 道朋(半蔵門オフィス 代表)
     深井 幹雄(株式会社シーベース 代表取締役)

登壇講師

  • 南雲 道朋

    南雲 道朋氏

    半蔵門オフィス 代表

    東京大学法学部卒業後、日系大手電気通信メーカーのソフトウェア開発企画部門、外資系コンサルティング会社にて現場再生のコンサルティングに従事。
    1998年以降、マーサージャパン、HRアドバンテージ、トランストラクチャなどにおいて人事・組織に関するコンサルティングや関連するウェブソリューション開発をリード。その経験の総まとめのために、2018年に半蔵門オフィスを設立。
    著書に、『データ主導の人材開発・組織開発マニュアル』(経営書院)(2021/3)がある。

  • 深井 幹雄

    深井 幹雄氏

    株式会社シーベース 代表取締役

    1995年エン・ジャパン入社。執行役員として新卒サイト、派遣サイト、エージェントサイトの事業部長を経験。
    2017年シーベースの代表取締役に就任。年間100社を超える企業を訪問し、組織開発、人材開発の課題解決をサポートする。

このセミナーに関連するサービス

会社情報

社名 株式会社シーベース
住所 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-8-8  ヒューリック新宿御苑ビル 7F
代表者 代表取締役 深井 幹雄
資本金 1億8,200万円
売上高 非公開
従業員数 50名

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー