日本最大規模のホットヨガ「LAVA」を運営するベンチャーバンク社が、カオナビ」を導入

クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビは、国内最大規模の『ホットヨガスタジオLAVA』を運営する株式会社ベンチャーバンクへ、『カオナビ』の導入が決定したことをおしらせいたします。

【2016年4月21日 株式会社カオナビ

〜正社員インストラクター1,500名の人員配置や評価など、人材マネジメントを効率化へ〜

クラウド人材管理ツール『カオナビ』を提供する株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役 柳橋 仁機、以下「当社」)は、国内最大規模の『ホットヨガスタジオLAVA』を運営する株式会社ベンチャーバンク(本社 東京都港区、代表取締役会長 鷲見 貴彦)LAVA事業部へ、社員番号と名前のデータとともに「顔写真が一覧で見られる」クラウド人材管理サービス『カオナビ』の導入が決定したことをおしらせいたします。

 株式会社ベンチャーバンクLAVA事業部が運営する「ホットヨガスタジオLAVA」は、全国230店舗以上(2015年11月現在)を展開、体験者数は2015年9月に100万人を突破しています。各スタジオでレッスンを受け持つインストラクターのほとんどが同社の正社員であり、現在は約1,500名が在籍しています。同社はこれまで、その人材情報を複数のEXCELやACCESSで管理していましたが、社員数の増加に伴いマネジメントシステムの導入が急務となりました。また、給与などの基本項目以外に、インストラクターのスキルや顧客満足度など管理項目が細分化されているため、情報を一元管理できるだけでなくスピーディーにカスタマイズできるシステムが必要となり、このたびカオナビを導入しました。

【ベンチャーバンクLAVA事業部担当者からのコメント】
 200以上の店舗を運営しているためインストラクターの異動も多く、人員配置の際には個人の評価やデータが重要になってきます。当社の人材情報は、前の店舗での評価はどうだったか、いつ誰がどこに配置されたか、各インストラクターがどんなプログラムのテストをどこまでクリアしているのかなど、他社に比べると給与などの基本的な項目以外の管理項目が非常に多いです。カオナビは、カスタマイズの柔軟性が良く、項目も自由に設定できる。その点が導入の決め手となりました。カオナビがあれば、例えば“ここの店舗はこのプログラムが弱いから、別の店舗からインストラクターを異動させてバランスよくしよう”といったことも、非常にやりやすくなります。

■ 株式会社ベンチャーバンクについて

<カオナビ導入の狙い>
・複数のエクセルやアクセスで管理していた人材情報を一元化し、管理・蓄積するため
・異動の際の人員配置を効率化し、各店舗の人員バランスを均一にするため
・社員の増加に伴い、すばやく顔と名前が把握できるシステムの必要性が高まったため

<カオナビの選定理由>
・社員の顔と名前がすぐに検索でき、人材情報を一元管理できること
・カスタマイズが自由にできるため、これまでの人事のスピード感を維持できること
・スマートフォンやタブレットでの閲覧が可能なこと

<株式会社ベンチャーバンク 会社概要>
会社名:株式会社ベンチャーバンク
所在地:東京都港区北青山1-2-3青山ビル11階
設立:2005年4月
資本金:3,000万円(2013年10月現在)
代表者:代表取締役会長 鷲見 貴彦
事業内容:ヨガスタジオ事業/ネットカフェ事業など
会社HP: http://www.venturebank.co.jp/ 
      http://www.yoga-lava.com/(ホットスタジオヨガLAVA HP)

■ 詳しい導入インタビューはこちら
https://www.hrpro.co.jp/download_detail.php?ccd=00499&pno=41


■カオナビについて 「顔写真が並ぶ、クラウド人材管理ツール」

 『カオナビ』は顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報を簡単に共有できるクラウドサービスです。直感的な操作性で人材データベースの構築ができるほか、店舗や外出先でもスマホからアクセスすることも可能です。社員の顔と名前、実績、評価、才能などを一致させることで、人事配置や抜擢などの経営マネジメントをサポートするほか、経営層が社員の「顔が見える」「顔を知っている」ことで、ビジネスパーソンのやる気を引き出し、組織を活性化するメリットがあります。
サイバーエージェント、日清食品HD、テルモ、トゥモローランド、VOYAGE GROUPなど、現在200社以上の成長企業で人材マネジメントのインフラとして活用されています。

カオナビとは http://www.kaonavi.jp/kaonavi/
各種お問合せはこちら http://www.kaonavi.jp/pc_contact/form.php?type=question
セミナーお申込みはこちら http://www.kaonavi.jp/seminar/normal/
トライアルお申込みはこちら http://www.kaonavi.jp/trial/


■ 本件に関するお問い合わせ
株式会社カオナビ
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-12 明産溜池ビル7階
TEL: 03-5797-7112 / FAX:: 03-5797-7113 MAIL:info@kaonavi.jp
担当: 宮地

会社概要

会社名株式会社カオナビ
業務内容人材マネジメントツール『カオナビ』の製造・販売・サポート
URLhttp://www.kaonavi.jp/

お問い合わせ先

株式会社カオナビ
〒107-0052 東京都港区赤坂1-1-12 明産溜池ビル7階
TEL: 03-5797-7112 / FAX:: 03-5797-7113 MAIL:info@kaonavi.jp
担当: 宮地

株式会社カオナビ その他のリリース

「SPI3」を社員のマネジメントに本格活用カオナビ、適性検査の「SPI3」の正式提供開始 (2018.9.19)
日本初!カオナビが人材紹介会社の求職者データベースと社内人事システムの直接連携を実現 (2018.8.23)
「人材データプラットフォーム構想」発表 (2018.8.14)
人事評価業務の「脱エクセル」を実現して、評価業務期間を2週間から1週間に半減させた飲食企業の事例 (2018.11.15)
カオナビ、人事データの抽出・分析が素早く行える 新機能『SHEET GARAGE』を10月24日(水)よりリリース (2018.10.24)
カオナビ、人材データプラットフォーム構想の実現に向け、β版「KAONAVI HELLO」をリリース (2018.10.11)
『顔と名前の一致』が社員のパフォーマンスに及ぼす影響について共同研究実施 (2018.9.26)
カオナビに関わるすべての企業や人の共創・交流の場 「カオナビのWA」 発足記念ユーザーミーティング開催 (2018.5.23)
株式会社オープンハウス、カオナビを導入 (2016.3.9)
株式会社モバイルファクトリーがカオナビを導入 (2016.3.30)
日本国内最大級の低価格ストックフォトを運営するピクスタ社がカオナビを導入 (2016.4.13)
史上最速で東証一部に市場変更したエイチーム社がカオナビを導入 (2016.4.6)
株式会社ディー・サインがカオナビを導入 (2016.3.16)
Syn.ホールディングス株式会社、カオナビを導入 (2016.3.2)
ニスコム株式会社、カオナビを導入 (2016.2.10)
株式会社ブロッサム、カオナビを導入 (2016.2.3)
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.27)
eコマースサイト「Oisix(おいしっくす)」を運営するオイシックス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.20)
スマホゲームセカンダリ市場トップの株式会社マイネットが、カオナビを導入。 (2016.1.7)
ラグビーU20日本代表ヘッドコーチ中竹竜二氏、代表選手選抜ツールとしてカオナビを導入。 (2016.1.7)
株式会社リッチメディア、カオナビを導入。 (2015.9.9)
ビル総合管理業の新生ビルテクノ株式会社、カオナビを導入。 (2015.9.16)
公益財団法人岡山県環境保全事業団、カオナビを導入。 (2015.10.14)
株式会社ビデオリサーチ、「カオナビ」を採用。 (2014.10.6)