株式会社リッチメディア、カオナビを導入。

株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役 柳橋仁機)は、株式会社リッチメディア(本社 東京都新宿区、代表取締役社長(CEO) 坂本幸蔵)が、カオナビを導入したことを発表いたします。

【2015年9月9日 株式会社カオナビ

成長期から変革期へ。新たなフェーズに向かうべく人事制度を刷新。カオナビのデータを基に教育方針の策定やキャリアパスの構築を目指す。

株式会社リッチメディアは「可能性を世界で最も開花させる」を企業理念に、世の中をより豊か(リッチ)にするためのメディアとして、さまざまな事業やサービスを展開しています。総勢180名以上の医師が監修する美容メディア「ヘルスケア大学」、「スキンケア大学」、「メンズスキンケア大学」の3媒体を通して、健康・美容に関わる信頼性の高い情報を提供。さらに、ヘアスタイルスナップSNS「HAIR」、ヘアサロンの検索・予約サイト「Kamimado」、日本のビューティー情報をアジアに発信する「Kawaii Beauty Japan」などを制作・運営しています。

 同社は、成長期から変革期へと新たなフェーズを迎えるにあたり、「アイディアと情熱で夢を叶える」という創業以来の企業理念から「可能性を世界で最も開花させる企業」を目指すという新ビジョンを提唱し、人事制度の刷新を実施しました。また、これまで同社はエクセルで人材管理を行っていましたが、変革期を迎えるにあたり、社員の情報を一元管理し、どこにどんな人材がいるかを可視化できるシステムの構築が急務となりました。そこで、人事制度の変更にも柔軟に対応でき、社員の最新情報をクラウド上で一元管理できるカオナビを導入しました。将来的には、カオナビのデータベースを基に、教育方針の策定やキャリアパスの構築を目指します。

更に詳しい導入インタビューを公開中!
https://www.hrpro.co.jp/download_detail.php?ccd=00499&pno=12

■ システム導入の狙い

・会社として新たなフェーズを迎えるにあたり、社員のスキルや経歴などさまざまなデータを一元管理するため。
・会社独自の教育方針やキャリアパスを作り上げる土台を築くため。
■ カオナビの選定理由

・どこにどんな人材がいるかを可視化でき、簡単に操作ができること。
・社員のデータを常にクラウド上で管理・アップデートすることで、これまでの評価制度のスピード感を維持できること。
・人事制度の改定などに柔軟に対応できるシステムであること。
■株式会社リッチメディアについて

会社名
株式会社リッチメディア
所在地
東京都新宿区西新宿七丁目20-1 住友不動産西新宿ビル24F
設立
2010年6月10日
資本金
337,035千円
代表者
代表取締役社長(CEO) 坂本幸蔵
会社HP
http://www.rich.co.jp

■カオナビについて 「顔写真が並ぶ、クラウド人材管理ツール」

 カオナビは直感的な操作性で人材データベースをサクサク構築し、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報を簡単に共有できます。店舗や外出先でもスマホからアクセスできるクラウドサービスで、配置・抜擢・評価などの人材マネジメント業務を一気に加速させます。
 サイバーエージェント様、日清食品HD様、テルモ様、トゥモローランド様、VOYAGE GROUP様など、多くの成長企業で人材マネジメントのインフラとしてご活用頂いています。

カオナビとは http://www.kaonavi.jp/kaonavi/
各種お問合せはこちら http://www.kaonavi.jp/contact/
セミナーお申込みはこちら http://www.kaonavi.jp/seminar/
トライアルお申込みはこちら http://www.kaonavi.jp/trial/

会社概要

会社名株式会社カオナビ
業務内容人材マネジメントツール『カオナビ』の製造・販売・サポート
URLhttp://www.kaonavi.jp/

お問い合わせ先

株式会社カオナビ
〒107-0062 東京都港区南青山二丁目27番8号 南青山第2シティビル3F
TEL:03-6434-5305 FAX:03-6434-5306 MAIL:info@kaonavi.jp
*お問い合わせフォームはこちら
担当: 鈴木

株式会社カオナビ その他のリリース

「SPI3」を社員のマネジメントに本格活用カオナビ、適性検査の「SPI3」の正式提供開始 (2018.9.19)
日本初!カオナビが人材紹介会社の求職者データベースと社内人事システムの直接連携を実現 (2018.8.23)
「人材データプラットフォーム構想」発表 (2018.8.14)
人事評価業務の「脱エクセル」を実現して、評価業務期間を2週間から1週間に半減させた飲食企業の事例 (2018.11.15)
カオナビ、人事データの抽出・分析が素早く行える 新機能『SHEET GARAGE』を10月24日(水)よりリリース (2018.10.24)
カオナビ、人材データプラットフォーム構想の実現に向け、β版「KAONAVI HELLO」をリリース (2018.10.11)
『顔と名前の一致』が社員のパフォーマンスに及ぼす影響について共同研究実施 (2018.9.26)
カオナビに関わるすべての企業や人の共創・交流の場 「カオナビのWA」 発足記念ユーザーミーティング開催 (2018.5.23)
株式会社オープンハウス、カオナビを導入 (2016.3.9)
株式会社モバイルファクトリーがカオナビを導入 (2016.3.30)
日本最大規模のホットヨガ「LAVA」を運営するベンチャーバンク社が、カオナビ」を導入 (2016.4.21)
日本国内最大級の低価格ストックフォトを運営するピクスタ社がカオナビを導入 (2016.4.13)
史上最速で東証一部に市場変更したエイチーム社がカオナビを導入 (2016.4.6)
株式会社ディー・サインがカオナビを導入 (2016.3.16)
Syn.ホールディングス株式会社、カオナビを導入 (2016.3.2)
ニスコム株式会社、カオナビを導入 (2016.2.10)
株式会社ブロッサム、カオナビを導入 (2016.2.3)
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.27)
eコマースサイト「Oisix(おいしっくす)」を運営するオイシックス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.20)
スマホゲームセカンダリ市場トップの株式会社マイネットが、カオナビを導入。 (2016.1.7)
ラグビーU20日本代表ヘッドコーチ中竹竜二氏、代表選手選抜ツールとしてカオナビを導入。 (2016.1.7)
ビル総合管理業の新生ビルテクノ株式会社、カオナビを導入。 (2015.9.16)
公益財団法人岡山県環境保全事業団、カオナビを導入。 (2015.10.14)
株式会社ビデオリサーチ、「カオナビ」を採用。 (2014.10.6)