「コロナ禍×テレワーク移行」という社会全体の流れの中で
在宅勤務という働き方が定着し、働き方も多様化してきています。

当然、コロナ以前から進められていた「働き方改革」を進める過程にも影響
があったと推測されます。主眼となっていた「各種法制度の対応」や
「労働時間の短縮」に向けた取り組みの方向性や施策優先度は、
どのように変化したのでしょうか?

株式会社日立ソリューションズは、
2021年3月26日〜4月8日に「コロナ禍以降の働き方の変化と勤怠管理」
に関するアンケートをHRプロで実施しました。(有効回答:222件)

この調査は、昨年2020年2月〜3月に同じくHRプロで実施した
「企業の働き方改革と勤怠管理」に関するアンケートを改編したものです。

レポートでは、未曾有の事態に見舞われたこの1年の変化を、
2020年(前回調査)と2021年(今回調査)の調査結果を比較しながら
読み解いています。

また、フリーコメントで寄せられた人事現場の声から、
「喫緊に対処すべきこと」や「安全配慮義務の観点から必要性な対策」など
について紹介し、労働者が安心して働ける仕組みづくりを考えていきます。

レポート本稿では、

・働き方改革において現在重視している目的
・コロナ禍の働き方改革を進める上で見えてきた課題
・従業員の「労働時間管理」における企業の取り組み実態
・「従来よりも勤怠管理が難しくなった」という現実
・新しい働き方に対応するための「勤怠管理」のあり方

…などについて紹介しています。

是非、続きをご覧になり、
より難しくなったとされる「従業員の労働時間管理」の課題解決に向けた
情報収集と施策検討にお役立てください。

解決できる課題

労働時間の超過を減らしたい

ワークライフバランスを推進したい

自社の生産性を高めたい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 株式会社日立ソリューションズ
住所 〒140-0002 東京都品川区東品川四丁目12番7号(日立ソリューションズタワーA)
代表者 山本 二雄
資本金 200億円
売上高 非公開
従業員数 4,748 名 (2020 年 9 月 30 日現在、単独) 【参考:12,855 名(連結)】