父親の「家事・育児参加状況のアンケート」子どもの誕生で家事・育児の時間6割が増加|採用、育成・研修、労務・人事に関する情報ならHRプロ

人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

  • HRサミット2017 アフターレポート&講演レジュメ公開中!

父親の「家事・育児参加状況のアンケート」子どもの誕生で家事・育児の時間6割が増加

HRプロ編集部
2017/06/29

近年、女性の社会進出が目覚ましい。共働きの世帯は著しく増加し、育児に積極的に参加する「イクメン」が注目されつつある。これまでハードルが高かった男性の育児休暇取得が当たり前になる時代も遠くないと言われているが、実際に子どもがいる男性の働き方や意識はどうなっているのだろうか。
株式会社リクルートコミュニケーションズは、全国の20〜50代の子どもがいる一般男性190人を対象に「家事・育児参加状況のアンケート」を実施し、父親の家事・育児参加の実態を調査した。

子どもの誕生をきっかけに、家事・育児の時間が増えた父親は6割

当調査は、2017年5月26日から6月2日の7日間、子どもがいる全国の20代から50代の既婚男性190人を対象に行われた。まず、「子どもの誕生をきっかけに家事・育児の時間は増えたか」の質問に「増えた」と回答したのは62.6%、「変わらない」が34.7%、「減った」はわずか2.6%だった。



また、家事・育児の時間が増えた理由として、「子どもの誕生により妻の負担が増えたため、家事・育児を分担する必要があると感じたから」が33.6%、「子どもに向き合う時間を確保したいから 」が30.3%と父親の意思で育児に参加していることが見て取れる。「妻の要望に応じて」「特に意識せずに自然と行った」「男性も家事・育児を手伝うのは当然と思った」の回答もそれぞれ約11%程度。このことから、多くの男性が育児に前向きであることがうかがえる。

家事・育児の参加時間は平日1時間増が約半数、休日は更に3.5時間増に

家事・育児時間が「増えた」と答えた父親に、どれだけ増えたか質問したところ、平日は 「1時間」が46.7%と最も多く、次いで「2時間」が19.6%となった。一方、休日は「2時間」が30.4%、「3.5時間以上」は27.2%となっており、父親は平日に育児の時間が増やせない分、休日にまとめて時間を取っていることが分かる。



では、家事・育児の時間が増えたことで、就業時間に変化はあるのかと言えば、実はそうでもないようだ。「子どもの誕生により就業時間に変化があったか」という質問に対し、「変わらない」は82.6%。子どもの誕生をきっかけに家事・育児が増えた父親のみの回答でも、80.7%と、いずれも8割を超えており、家事・育児の時間が増えても就業時間に影響はないことが分かった。

プロフィール

HRプロ編集部

「採用」「教育・研修」「労務」「人事戦略」など、人事がイマ知りたい情報をご提供します。 押さえておきたい基本知識から、最先端のニュース関連情報、対談・インタビューやお役立ち情報・セミナーレポートまで、HRプロならではの視点と情報量でお届け。

12/5開催 働き方改革とHRTech最前線

関連リンク

  • 契約社員の労働条件について。労働契約法第20条で企業が取るべき行動とは

    「正社員と同じ仕事なのに給料が低い。不公平だ!」 「自分たちの待遇は違法だ!」 契約社員(雇用期間の定めがある従業員)の叫びである。 契約社員は派遣社員と同じく、不安定な働き方の代名詞のように思われている節がある。実際、契約期間満了による雇止めの可能性もあれば、賃金や福利厚生などの待遇面でも正社員と差異があることも少なくない。 従業員及び使用者の自主的な交渉の下で、合理的な労働条件の決定又は変更が円滑に行われるようにすることを通じて、労働者の保護と労働関係の安定に資することを目的とし、労働契約法が存在する。 平成25年には、契約社員に対する不利益な取り扱いを禁止する条文(労働契約法第20条)が加えられた。この労働契約法第20条を巡って、契約社員による労働基準監督署への相談もしくは裁判等が増加しているよ うだ。 以下、労働契約法20条について解説し、企業が取るべき行動について紹介したい。

  • 生産性向上には「可視化」がキーワード。パナソニックやNECなどが働き方サポートを提供

    安倍政権が推進する働き方改革が広まりを見せる中、テレワークを導入する企業が増えている。こうした動きに対応して、パソコン・IT関連事業を展開する企業を中心に、多様化する働き方をサポートするシステムの開発・提供が進められ、マーケットとしても注目を集めている。企業はいま何を求め、サービス提供会社はどのように応えているのだろうか。

  • 民間企業も公務員の休職制度を理解しておこう!

    働き方改革の中で注目しているのが、労働者の休職制度についてである。周知のとおり、休職制度は労働基準法にも規定がなく、それを導入するかどうかは各事業所の自主性に任せられている。一般的に休職制度は、「解雇猶予措置」と捉えられているが、最近はそうとも言えない状況に至りつつあるようだ。このことを如実に物語っているのが、「同一労働同一賃金ガイドライン(案)」において、病気休職は「無期雇用パートタイム労働者には、無期雇用フルタイム労働者と同一の付与をしなければならない。また、有期雇用労働者にも、労働契約の残存期間を踏まえて、付与をしなければならない」とされている点であろう。民間企業は本当にここまでの対応が必要なのだろうか?今回は、働き方改革を実務面で推進する公務員自身の病気休暇・休職制度が、どのように運用されているかを見ていくことにより、民間企業の休職制度導入に向けた検討材料を提供することとしよう。

  • 「人づくり革命」における「社会人のリカレント(学びなおし)教育」の位置づけとその現状とは

    人生100年時代を見据えた「人づくり革命」、そのなかのテーマのひとつとして「社会人のリカレント(学びなおし)教育」が挙げられている。リカレント教育は1970年代から世界各国において注目されてきた概念だが、日本においては浸透していないのが実情である。日本における社会人のリカレント教育における現状はどのようなものなのだろうか。

  • 日立製作所、自社オフィス外で初のサテライトオフィス「@Terrace」を開設し働き方改革推進

    株式会社日立製作所(以下、日立)は、日立グループ全体の働き方改革を推進するフラッグシップとして、新しいサテライトオフィス「@Terrace」(アットテラス)を、2017年10月16日に東京都中央区八重洲に開設することを発表した。サテライトオフィスは、すでに首都圏に位置する自社のオフィス内7拠点に設置しているが、自社のオフィス外に設けるのは初めての試みだ。

  • 三井住友海上火災保険が女性活躍推進を加速!組織マネジメントを担う人財の育成強化へ

    MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上火災保険株式会社(以下、三井住友海上)は、新時代を担う女性リーダーの継続的な育成を目的として、2017年10月から「MS女性アカデミー」を開始することを発表した。