申込み1件につきHRポイント100P進呈!

無料

ぎゅっと凝縮!人材育成のための「人的資本経営」エッセンスセミナー

人的資本経営が一段と注目される現代。企業は、これからの従業員の能力開発やエンゲージメントの向上にどのように取り組むべきか、という難題に直面しています。特に“経営戦略と人材戦略の連動”が重視されており、今後の実務に落とし込むことが急務となりました。

ぎゅっと凝縮!人材育成のための「人的資本経営」エッセンスセミナー
費用: 無料
開催形式: オンライン(ライブ)
ウェビナー開催
視聴URL連絡方法: ・申込完了時にメールでご案内
提供会社: 株式会社TOASU

このセミナーの主な対象者

人事部育成担当の方

対象職種: すべて
対象階層: 経営者・経営幹部 経営幹部候補 管理職 リーダー・主任・マネージャー 中堅社員 若手社員

日程・申込

2024/04/25(木) 14:0015:00

Googleカレンダーに登録
  • 申込締切:2024/04/25(木) 13:00
  • キャンセル受付締切:2024/04/25(木) 13:00
  • 定員:50名
申込む

セミナー概要

このセミナーのポイント!

“やらねば”から“やってみたい”に変わる人的資本経営
人的資本経営を根本から理解する
経営的な視座を養える

本セミナーでは、人的資本経営の核となる概念とその企業における重要性に焦点を当てます。ブランド・サステナビリティ・CSRに関して、社内外でセミナー講師の実績が多数ある弊社パートナー講師が、人的資本経営の理論的な枠組みから実践的なアプローチまで、多角的な視点で解説します。経営戦略と人材戦略が連動すると、中長期の企業価値向上にどのようじ寄与するのかのヒントを得ていただけます。

★★登壇講師からコメント★★

経営の視座を意識しつつ、時代の変化への感性をどう磨くか。その上で「人的資本経営」の意義や本質を見極め、人材育成の実務に活かす知見を身に付けましょう。目先の利益は大事。ただ目先の利益を続けていきたいのなら、人への投資は必須です。“選ばれ続ける会社”であるために、人的資本経営に果敢に挑みましょう!

★★こんな方におすすめです★★
「人的資本経営」の意義や必要性にモヤモヤしている方
“経営戦略と人材戦略の連動” が重視されているが、「人材育成」への落し込み方がよくわからない方
「人材版伊藤レポート」や「人的資本可視化指針」等を体系的に要点を理解し、実務に役立てたい方
エンゲージメント、リテンション、採用ブランド等の効果的な施策を模索されている人材育成に携わる方
人的資本の情報開示が、“やっつけ仕事”になってしまっている方

プログラム

これからの「良い会社」とは~「社会性」は“プラスα”ではなく、軸足~

“変化への対応力”で、「ありたい姿(パーパス)」を実現する

サステナビリティ時代の「経営の視座」~ 非財務情報(人的資本)は 企業評価の新しいモノサシ~

今なぜ「人的資本」なのか

・人的資源から人的資本へ ~コストから投資へ
・人材版伊藤レポート
・人的資本可視化指針

自分の会社が好きな社員がたくさんいる会社は、持続的成長が果せる  ~ 従業員エンゲージメントは、「人的資本」 を高める~

企業価値を高める 「無形資産(見えざる資産)」

具体的な研修コース(TOASUより)

登壇講師

  • 細田 悦弘(ホソダ エツヒロ)

    細田 悦弘(ホソダ エツヒロ)氏

    TOASUパートナー講師/ 一般社団法人日本能率協会 「新しい経営のあり方研究会」メンバー

    1982年 中央大学法学部卒業後、キヤノン販売(現キヤノンマーケティングジャパン)入社。営業からマーケティング部門を経て、宣伝部及びブランドマネジメントを担当後、CSR推進部長を務める。現在は、企業や教育・研修機関等での講演・講義と共に、企業ブランディングやサステナビリティ分野のコンサルティングに携わる。ブランドやサステナビリティに関する社内啓発や社外でのセミナー講師の実績豊富。聴き手の心に響く、楽しく奥深い「細田語録」が魅力のひとつである。

会社情報

社名 株式会社TOASU
住所 【本社】
〒141-0031
東京都品川区西五反田2-11-8 学研ビル

【関西事務所】
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町1-23-101
大同生命江坂ビル11階 Gakken大阪本社
代表者 宮田 晃
資本金 2,000万円
売上高
従業員数 30名

  • 労政時報
  • 企業と人材
  • 人事実務
  • 月刊総務
  • 人事マネジメント
  • 経済界
  • マネジー