組織風土

戦略機能強化に向けた間接業務ブラッシュアップセミナー

− RPAを活用した業務改革−


戦略機能強化に向けた間接業務ブラッシュアップセミナー 【株式会社オービックビジネスコンサルタント】
費用 無料
会場  有限責任監査法人トーマツ横浜事務所

神奈川県横浜市神奈川区金港町1-4 横浜イーストスクエア

横浜駅 徒歩4分

ジャンル 組織風土
特典・備考 定員:40名
提供 株式会社オービックビジネスコンサルタント

解決できる課題

組織開発をしたい

組織を活性化したい

日程・申込

日程情報はありません。

概要

■働き方改革、残業削減、生産性向上。業務改革が今、間接部門に求められているが・・

日々の定型業務を少人数でこなす間接部門に、さらに生産性の向上が求められる昨今。
業務改革の号令は各社から上がり、RPAの導入も急増しているが、
効果を感じていない企業も多く見受けられます。

なぜ業務改革は実現しないのでしょうか。
その理由は業務が見える化されていない【業務上の問題】と
マンパワー・ノウハウ不足等の【プロジェクトの問題】です。


■成果を生むプロジェクトに必要な“3つの要素”。失敗事例、RPA事例、WORKSHOPで検証。

2つの問題は、
1.Target/Goal(対象・目的・目標)、2.Approach(活動方針・取り組み方)、3.Drive(推進体制、プロセス)の”3つの要素”と
“間接業務3つの機能(企画、管理、処理)”の掛け合わせで実現されます。


本セミナーでは、間接業務改革を実現するために
@業務改革が失敗する理由、Aプロジェクト成功の3要素、B業務改革事例、CRPAを用いた改革手法を解説します。

また、具体的事例をもとにしたワークショップを通じて、
実際の改革の考え方・進め方を体系的に学びます。

プログラム

14:00-15:00

業務改革ツールRPA

「Robotic Process Automation」は、人に代わって様々なルーティン業務を基幹システムやエクセルなどのアプリケーションを跨いで実行してくれるソフトウェの「ロボット」で、いま業務改革の最新ツールとして注目されている技術です。第一部では、RPA技術の基本的な知識や導入ステップ、具体的な効果について、事例を交えながらご紹介します。

15:10-16:10

成果を生む業務改善プロジェクト

業務改革はその目的の多様性、範囲の広さから、漫然と推進していても効果的・効率的に成果を獲得することはできません。第二部では、改革目的の明確化や目的に応じたプロジェクトの特徴、推進にあたっての留意点など、業務改革が成果を生み出していくために必要なプロジェクト推進上のポイントについて、事例を交えながらご紹介します。

16:10-16:30

質疑応答

業務改革が失敗する理由は【業務上の問題】と【プロジェクトの問題】です。
成果を生むプロジェクトに必要な3つの要素(1.Target/Goal、2.Approach、3.Drive)を3つの業務機能(企画、管理、処理)と組み合わせて、具体的事例の解決策を考えます。サンプル企業の業務改革を実現できるか、ぜひ挑戦してください。

講師情報

喜田 博昭氏

有限責任監査法人トーマツ リスクアドバイザリー事業本部 コンピテンシー事業部 (兼務)横浜事務所

独立系SIerにて製薬企業の会計システムを中心とした基幹システム構築プロジェクトに技術的リーダーとして従事。現在はグローバル原価管理や情報システム導入等に関するアドバイザリー業務、上場企業を中心とした内部統制監査やAnalyticsを利用した財務諸表のリスク評価に従事。

会社情報

社名 株式会社オービックビジネスコンサルタント
住所 〒163-6032
東京都新宿区西新宿6-8-1 住友不動産新宿オークタワー32F
代表者 代表取締役社長 和田 成史
資本金 105億1,900万円
売上高 非公開
従業員数 739名(平成30年3月31日現在)