HRテックの最新トレンド・情報を発信!〜業績向上に貢献するクラウドの実績〜

HRテックとクラウドの特色

HRテックとクラウドの特色

HRテックは大企業のみならず、中小企業における人事業務の効率化を支える手法です。

これまでのHRテックは、自社サーバーにソフトウェアをインストールして利用する「オンプレミス型」が主流でした。しかし、この「オンプレミス型」にはソフトウェアの購入を含めて導入費用がかさむ、システムの構築に時間や人員が必要になるといったデメリットがあり、導入する企業は限られていたのです。そこに安価な初期投資で済み、スピーディーに導入できる「クラウド型」が登場したことにより、中小企業も含めた導入が一気に進んでいきました。

【HRプロ】は人事のプロを支援するポータルサイトです。採用や教育・研修、労務管理や人事戦略に関する活動を支援し、中立的な立場から様々な情報・サービスを提供しています。登録無料でサービスのコンテンツ内容をテーマ別に閲覧・比較を行うことができます。HRテックをはじめ各種のセミナー情報やニュース解説、プロの講座も受講でき、各担当者が定期的に行うアンケート調査に関する結果やレポートもご確認いただけます。

HRテックの実績

HRテックはヒューマンリソースとテクノロジーを掛け合わせた造語です。クラウドやビッグデータ解析、人工知能などの最先端技術を使い、人事採用やその育成及び評価、人事の配置などの関連業務を行う手法です。

現在ではリーダーの育成や評価、給与計算や業務改善領域にまで及んでいます。外国においてはこの分野では評価額が10億ドル以上の企業も誕生するほどです。高度なIT技術と人材サービスを融合させた新しいビジネスであるHRテックは現在注目を集めています。日本ではまだ勃興期ですが、実績を積み上げていくことで人事の在り方に変革をもたらすことでしょう。

HRテックの導入による人事業務の変化

HRテックの導入による人事業務の変化

クラウドサービスが登場して以来、人事業務にクラウドサービスを導入する企業は年々増加しています。

例えば企業の成長に伴い、従業員も急速に拡大するケースは珍しくありません。しかし、これまで少人数のスタッフで人事労務管理や教育、採用などの業務を統括していた場合、税理士事務所へ給与計算や社会保険関連の処理などを委託しても、全社で共有できる人事システムの見直しが必要です。

人事情報のインフラを構築することにより、スマートフォンやタブレットなどのデバイスから営業担当者が勤怠入力などを入力できるようになるなど社外からのアクセスにもすぐに対応できます。また、従来は人事担当者やマネージャーが直接伝える必要があった就業情報も、デバイスを通じてよりリアルタイムに伝えることが可能になったのです。

全社で管理データを共有することで散らばっていたデータを一つに集約・一元管理できる環境が整い、煩雑な定型業務の削減が実現できるため、オペレーション業務の効率化が図れます。クラウドのシステム導入を行うことでスピーディーかつ低コストでできるのはもちろん、人事部主導で運用管理が可能になります。

お役立ちコラム

HRテックの最新トレンド・情報などをチェックするなら【HRプロ】

会社名 ProFuture株式会社
住所 〒100-0014 東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル 514
電話番号 03-5251-5360
URL http://www.hrpro.co.jp/