株式会社ZENKIGEN

1申込につきHRプロポイント100ポイント獲得
株式会社ZENKIGEN

テクノロジーを通じて、 人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する

『テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する』というビジョンのもと、株式会社ZENKIGENを創業しました。

『全機現』という言葉は、「人の持つ能力の全てを発揮する」という禅の言葉です。

私自身が誰よりも全機現するのは当然として、
多くの大人が全機現する社会は活気があり、全機現している大人を見た子供達が、
大人になることに希望を持つ社会はとても素敵な社会だと信じています。

そんな社会を次世代に引き渡したい。

For the Next Generations
その思いが当社の創業精神です。

一社の力は微々たるものですが、それでも我々の働きや行いが、次世代によりよき社会を引き渡すことに繋がるかどうかを基準に、当社のビジョンである『テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する』から一歩も外れることなく邁進して参ります。

お問い合わせ

会社情報

提供 株式会社ZENKIGEN
住所 東京都 千代田区
大手町1-6-1 大手町ビル6階 643区
代表者 野澤 比日樹
資本金 100,000,000円(2020年10月末)
売上高 非公開
従業員数 55名
事業概要 採用DXサービス『harutaka(ハルタカ)』の企画・開発
AIエンジン『ZIGAN(ジガン)』の企画・開発
パートナーとの共同研究機関『ZENKIGEN Lab(ゼンキゲンラボ)』の運営
人事コミュニティ『ZINZIEN(ジンジエン)』の運営
問合せ先 03-3286-8550
URL https://harutaka.jp/

特色

映像データ×AI技術を活用してHR領域のDX化を推進するサービスを提供

「テクノロジーを通じて人と企業が全機現できる社会の創出に貢献する」というビジョンのもと、2017年10月に創業。HR Techスタートアップとして採用DXサービス「harutaka(ハルタカ)」を提供。2018年より、東京大学 道徳感情数理工学社会連携講座との共同研究に取り組み、コミュニケーションから多様な個性をもつ同僚との共感度を科学計測し、その人の隠れた能力や得意とする分野を伸ばせるようにする技術の研究を推進。2020年には、国内の事業会社・ベンチャーキャピタルより8.5億円の資金調達を行い、人工知能により人の感情や感性を扱うコンピューター技術であるアフェクティブ・コンピューティングの研究開発に注力し事業化を手掛ける。