カオナビ、人材データプラットフォーム構想の実現に向け、β版「KAONAVI HELLO」をリリース

株式会社カオナビは、 近年のタレン トマネジメタレントの多様化に応える 「KAONAVI HELLO」を2018年10月10日( 水)よりリリースします。

【2018年10月11日 株式会社カオナビ

第一弾として、性格診断「エニアグラム」が10月10日(水)より登場

■KAONAVI HELLOの概要
『KAONAVI HELLO(カオナビハロー)』は、クラウド人材管理ツールである『カオナビ』上で、タレントマネジメントを促進する機能を、β版(試用版)の段階でいち早く利用できる場です。β版の段階でお試しいただける機会を創出することで、当社は、従来の正式版での提供スピードと比較し、より迅速 なサービス提供が可能となりました。カオナビを導入する全ての企業は、契約プランに関係なく、タレントマネジメントを促進する最新の機能を利用することができます。また、『KAONAVI HELLO』にて提供をしたβ版での機能は、お客様の声を直接伺いながら改良を重ねることができるため、高いユーザビリティを得て正式版としてのサービス提供が可能となります。それにより、当社が掲げる「人材データプラットフォーム構想」の実現に向け邁進します。


■KAONAVI HELLO のリリースの背景・今後の展望
市場では、HR テクノロジー業界の伸長とともにタレントマネジメントに注目が集まり、市場成長とともにお客様のニーズが目まぐるしく変化しています。当社は、お客様のニーズや市場成長速度に対して、これらを上回るスピード感でサービス提供および改善を行うべく、『KAONAVI HELLO』の開発に至りました。この度の『KAONAVI HELLO』の開発により、β版の段階でお客様にお試しいただける機会を創出することで、市場を超えるスピード感で、お客様の声に柔軟に対応するサービス提供を目指します。


■KAONAVI HELLO 第一弾、性格診断「エニアグラム」の登場
『KAONAVI HELLO』では、第一弾として、性格診断「エニアグラム」のβ版を無料提供します。エニアグラムは手軽に性格診断を行えるツールです。当社では、タレントマネジメントを行う上で、「人の本質を理解すること」が重要であると考えています。エニアグラムは、従業員同士のパーソナリティの把握に寄与するツールであると考え、この度の導入にいたりました。各企業は、エニアグラムの導入により、従業員同士のコミュニケーションの活性化が期待できます。また、エニアグラムの診断結果から個々のパーソナリティを把握し、従業員同士の「顔と名前の一致」の促進に貢献します。

【人材マネジメントプラットフォーム『カオナビ』とは

『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォームです。社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメント業務をサポート。あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現する HR テクノロジーサービスとして、2012 年のリリース以降、業種・業態を問わず 1,100 社以上の経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。当社は、各企業への働き方改革の推進に向け、2020 年には、導入企業 3,000 社を目指します。

会社概要

会社名株式会社カオナビ
業務内容人材マネジメントツール『カオナビ』の製造・販売・サポート
URLhttp://www.kaonavi.jp/

お問い合わせ先

<本件に関する問い合わせ先>
株式会社カオナビ 広報担当:松下・宮地
TEL:03-5775-3823
FAX:03-5775-3824
Mail:pr@kaonavi.jp

株式会社カオナビ その他のリリース

「SPI3」を社員のマネジメントに本格活用カオナビ、適性検査の「SPI3」の正式提供開始 (2018.9.19)
日本初!カオナビが人材紹介会社の求職者データベースと社内人事システムの直接連携を実現 (2018.8.23)
「人材データプラットフォーム構想」発表 (2018.8.14)
『顔と名前の一致』が社員のパフォーマンスに及ぼす影響について共同研究実施 (2018.9.26)
カオナビに関わるすべての企業や人の共創・交流の場 「カオナビのWA」 発足記念ユーザーミーティング開催 (2018.5.23)
株式会社オープンハウス、カオナビを導入 (2016.3.9)
株式会社モバイルファクトリーがカオナビを導入 (2016.3.30)
日本最大規模のホットヨガ「LAVA」を運営するベンチャーバンク社が、カオナビ」を導入 (2016.4.21)
日本国内最大級の低価格ストックフォトを運営するピクスタ社がカオナビを導入 (2016.4.13)
史上最速で東証一部に市場変更したエイチーム社がカオナビを導入 (2016.4.6)
株式会社ディー・サインがカオナビを導入 (2016.3.16)
Syn.ホールディングス株式会社、カオナビを導入 (2016.3.2)
ニスコム株式会社、カオナビを導入 (2016.2.10)
株式会社ブロッサム、カオナビを導入 (2016.2.3)
ソネット・メディア・ネットワークス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.27)
eコマースサイト「Oisix(おいしっくす)」を運営するオイシックス株式会社、カオナビを導入 (2016.1.20)
ラグビーU20日本代表ヘッドコーチ中竹竜二氏、代表選手選抜ツールとしてカオナビを導入。 (2016.1.7)
スマホゲームセカンダリ市場トップの株式会社マイネットが、カオナビを導入。 (2016.1.7)
株式会社リッチメディア、カオナビを導入。 (2015.9.9)
ビル総合管理業の新生ビルテクノ株式会社、カオナビを導入。 (2015.9.16)
公益財団法人岡山県環境保全事業団、カオナビを導入。 (2015.10.14)
株式会社ビデオリサーチ、「カオナビ」を採用。 (2014.10.6)

MENU