エンゲージメント編

基本定義から実例まで

組織強化・組織開発講座エンゲージメント編- 基本定義から実例まで

日本企業におけるエンゲージメント

エンゲージメント編の目的は、エンゲージメントに関する理解を深めることです。第1章から順に受講いただく方がご理解いただきやすい構成となっています。

エンゲージメント編においては、ここまで、エンゲージメントの定義(第1章)、エンゲージメントの効果(第2章)、エンゲージメントを高める要因(第3章)について触れてきました。

本章は、監修者の経営する株式会社ビジネスリサーチラボがエンゲージメントを実際に測定し、その向上に努めた2社の事例を紹介します。自社のエンゲージメントを高める際のヒントとしてご活用ください。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に 「人材育成マニュアル」をプレゼント!

HRプロとは

監修紹介

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役 伊達 洋駆

神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。同研究科在籍中、2009年にLLPビジネスリサーチラボ、2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。以降、人事領域を中心に、組織の現状を可視化する組織診断を始めとした調査・コンサルティング業務を提供している。学術知と実践知の両方を活用したサービスが特徴。共著に『「最高の人材」が入社する 採用の絶対ルール』(ナツメ社)
株式会社ビジネスリサーチラボのホームページはこちら

監修者へのお問い合わせはこちら

キャリア開発支援編