━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆コロナ禍で変化を迫られる企業が多い中、
マネジメントと個々人の自律力の向上が対応の鍵を握る

〜「目標設定と達成度」に関するアンケート調査結果報告〜

<調査期間:2020年10月30日〜11月12日 / HRプロで実施>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新型コロナウイルス感染症拡大に伴うパンデミックは、
あらゆる業界の事業運営に多大な影響を与えました。
このような中、経営目標や経営戦略の見直し、再設定、再構築を迫られた
企業も少なくなかったのではないかと推測されます。
果たして、コロナ禍において、各社が描いていたロードマップはどのように
変化していったのでしょうか。

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社は、
2020年10月30日〜11月12日に、従業員数301名以上の企業に所属する、
課長職以上の人事担当者、経営者を対象にアンケート調査を実施しました。
(実施媒体:HRプロ、有効回答:62件)

今回は、その調査結果から、「経営目標と個人目標のつながり」や
コロナ禍の経営影響と対応策、各社の事業責任者から寄せられた課題を
ご紹介します。


調査レポートの詳細については、下記よりダウンロードの上ご覧ください!

解決できる課題

人事戦略を再構築したい

組織開発をしたい

組織を活性化したい

ダウンロード1件につきHRポイント100P進呈!

会社情報

社名 フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
住所 〒102-0075
東京都千代田区三番町5-7 精糖会館7階
代表者 ブライアン・マーティーニ
資本金 26000000円
売上高 非公開
従業員数 62名