「部下のリーダーシップと自身のマネジメントスキル」に関するアンケート調査結果報告
人事戦略

「部下のリーダーシップと自身のマネジメントスキル」に関するアンケート調査結果報告

提供:フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

調査データ

人材・組織変革
容量:500KB

解決できる課題

従業員満足度を高めたい

組織を活性化したい

労働時間の超過を減らしたい

【調査概要】
ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変わる状況下で企業が継続的に成果を出していくためには、卓越した戦略やイノベーションの追求ばかりではなく、リーダーシップやマネジメントそのものから変わらなければなりません。
今回の調査では、部長職以上の方を対象に、部下のリーダーシップと管理職として成果を出すことについての苦労や取り組みについて聞きました。

【調査結果のポイント】
(1)部下のリーダーシップに満足しているエグゼクティブはわずか4割
(2)部下にリーダーシップを発揮させるのに最も効果のある取り組みは、 「部下とのコミュニケーションを増やすこと」と「自身の権限を委譲すること」
(3)管理職として最も苦労していることは「チーム・部署で高い成果を上げること」
(4)管理職として成果を出すためのキーワードは「コミュニケーション」と「育成」

〜以下、レポートからの抜粋〜
「管理職として成果を出すために、今後、実践したいと考えていること」をフリーコメントで聞いたところ、「コミュニケーション」や「育成」に関連した内容が多く、その一部を抜粋してご紹介します。

調査データ

人材・組織変革
容量:500KB

フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社のその他のダウンロード資料