人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

組織・人事変革コンサルタントコラムの記事一覧

  • 組織改革に結びつく従業員サーベイのポイント

    0voices

    人材育成2014年09月22日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング部門 鳥居 弘也 従業員サーベイのニーズが増加している。弊社においても、最近、問い合わせ件数の増加は顕著だ。お客様に共通した理由の一つは、社員の考えが見えなくなってきている事である。経営統合や再編、さらにはグローバル化の進展により、社員構成も大きく変わった企業が多い。また、世代交代によって、行動や思考様式が変わり、従来のマネジメント上...

  • 「決断力」を高める? ~グローバルリーダー育成のヒント~

    0voices

    グローバル2014年09月16日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング 古澤哲也 日本企業のリーダーシップ要件にあって、海外企業の要件にないもの、というのがいくつかある。代表的なものが「決断力」である。海外では、リーダーは決断して当たり前、と思われているようで、決断の結果としてのResult OrientedやPerformance Drivenが要件として含まれていても、決断行為そのものは要求されてい...

  • こころざしの通った選択

    0voices

    その他2014年09月16日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング部門 金子 友美 ふと気がつくと、もともと目指していたはずのことと違う選択をしていた というご経験。皆さんにはあるだろうか? 学生の頃、米国のある大学のサマーセッションに参加した。夏休みに開講するその大学のクラスを履修し、単位編入できるものだった。海外経験のなかった私は、実力よりも背伸びして挑戦し、英語の苦手意識をなんとか克服できぬも...

  • 素直さと人の成長

    0voices

    人材育成2014年09月16日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング部門 伴登 利奈 子供の成長を傍らで見ていると、その素直さや真剣さに感動することもあれば、その反対に、「もっと素直に言うことを聞いてくれれば、伸びるのになあ。」と我慢や忍耐を強いられることもある。 先日、小学2年生になる娘のピアノの発表会があった。発表会前は、「初めて発表会に出るのだから、とりあえず練習しておこう。」という「従順」な...

  • 会社法改正と求められるコーポレート・ガバナンスの”カタチ”

    0voices

    労務2014年09月09日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング部門 井上 康晴 昨年末に日本を代表するいくつかの会社において、コーポレート・ガバナンスを揺るがすような大きな事件が起きたこともあり、再びコーポレート・ガバナンスに注目が集まっています。10年ほど前にさかのぼると、米国でエンロン事件以降、また直近では2008年の米国金融機関に端を発した経済危機が大きな契機となって、企業統治のあり方...

  • 「元気を生み出す」リーダーシップ

    0voices

    人材育成2014年09月09日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング部門 寺田 弘志 「どんな人がリーダーに選ばれるべきか?」 入社して数年経った頃に採用する側として初めて臨んだ新卒採用試験のグループ面談での討議テーマであった。先輩の面接官がテーマの説明を終わると、堰を切ったように参加者の学生達が発言していった。「その分野での成功体験」「優れた問題解決能力」「決断力」「皆を引っ張っていけるリーダー...

  • 多様な人材は「弱み」を補うためにいる  一“外国人”女性が感じたダイバーシティ

    0voices

    人事全般2014年09月09日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門 アソシエイトコンサルタント 安藤 桜子 ダイバーシティというテーマのもと、外国人・女性・高齢者・障がい者の人材活用を目標に掲げる企業は多い。では、それらの人々を採用し、育成・配置し、昇進させ、ワークライフバランスを尊重すればダイバーシティを実現したと言えるだろうか。 また、個人の多様性を尊重し、「強み」を活かすことで組...

  • 【第16回と重複/非公開】人材マネジメントに見る「グローバル展開」と「海外進出」

    0voices

    グローバル2014年09月02日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門 シニアコンサルタント    前川 尚大 最近の新聞に日系企業の「グローバル展開」という言葉や話題が出ない日はほぼ無いと思える。本メールマガジンの読者の皆様がお勤めになっている企業や団体においても、まったく海外との関わりがなく自社の事業がこれからも進んでいく、と考えている方々は少ないのではないだろうか。 急速に進む少子高齢化、円...

  • コーポレート・ガバナンスと役員報酬

    0voices

    労務2014年09月02日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門 シニアコンサルタント 野村 有司 昨年来大企業の不祥事が重なり、また、昨年12月に公表された「会社法制の見直しに関する中間試案」における上場企業に社外取締役の設置義務化の議論に注目が集まるなど、コーポレート・ガバナンスに対する関心が高まっています。そこで、今日のコラムでは、いわゆる「役員報酬」の面から、日本企業(監査役(会)設...

  • グローバル展開の成功要件~地域統括会社設立における勝ち組企業とは?

    0voices

    グローバル2014年09月02日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 コンサルタント 仲島 基樹 地域統括会社の設立がブームである。今始まった話ではないが、近年明らかに取り組みが加速されているように感じ取れる。グローバル経済の牽引役を担っている中国では、その広大な国土と市場の多様性から、1カ国でありながらも「リージョン」という括り方をし、地域統括会社を置く企業も少なくない。私の駐在するアセアンにおいても、2015年に地域経済統合(A...

  • 年次有給休暇取得率を上げるには? -長期休暇のすすめ-

    0voices

    労務2014年08月26日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 インフォメーション・プロダクト・ソリューションズ アソシエイト・コンサルタント   三条 裕紀子 10月20日に発表された厚生労働省実施の「就労条件総合調査」によると、2010年1年間の年次有給休暇の取得率は48.1%、日数として平均8.6日とのことである。この調査は、常用労働者が30人以上の民営企業を対象に毎年行われており、調査結果は1984年(昭和59年)からあ...

  • 「個」をつなぎ組織業績に結びつける ―中国からの帰任に寄せて―

    0voices

    人事全般2014年08月26日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門 シニアコンサルタント     前川 尚大 マーサーでは、日系企業の中国進出の加速に伴い、中国における日系企業への支援機能を90年代後半に立ち上げている。2000年代に入ってからは日本人駐在員を派遣し、日本語を話す中国人コンサルタントを組織し、本格的な日系企業支援体制を構築してきた。そのような背景のなか、筆者が上海に正式に赴任となった...

  • リーダー人材育成 – リーダーがリーダーを育てる現場を作る

    0voices

    人材育成2014年08月19日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門    中村 健一郎 「リーダーを育てるのはリーダー(Leader developing leaders)」という言葉がある。一見、当たり前のようであり、何らの示唆も与えない言葉にみえる。しかし、リーダー人材が持つリーダーシップという能力は、人材に蓄積されている明示化が極めて難しい暗黙的な経営資源と捉えてみるとどうであろう。非常に重要...

  • グローバル人事ガバナンスの3つのポイント

    0voices

    人事全般2014年08月19日 13:00

     マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門 アジアパシフィック代表 組織・人事変革コンサルティング部門 日本代表 プリンシパル     中島 正樹 事業のグローバル化が加速するなかで、人事の悩みが深くなっている。「グローバル人事を行う際、本社は何をどこまでコントロールすべきなのか。海外拠点には、何を、どこまで任せればよいのか?」 海外拠点の社員数が正確に把握できてい...

  • グローバル・グレード制度の最新事情 ―本格的な人材活用の時代へ―

    0voices

    人事全般2014年08月19日 13:00

    マーサー ジャパン株式会社 組織・人事戦略コンサルティング部門    中村 健一郎 市場が日米欧に限定されていた時代から、BRICsを中心とした新たな市場の出現を経て、今後、舞台が更なる拡がりと深みを見せていくことが予見されている中、グローバルな人的資源の活用が、多くの企業で重要な経営アジェンダとなりつつあることは周知の事実である。そんな中で、人材マネジメント上の主要基盤であるグローバル・グレー...