トライオン株式会社

1申込につきHRプロポイント100ポイント獲得
トライオン株式会社

英語とあなたに、誠実でありたい。

私たちは、人材育成は、これからの企業価値を高めるための「戦略的投資」であるべきだと考えます。

幅広い社員層に提供する必要経費としてではなく、企業の経営戦略に則した選抜型育成計画の一環として、ゴール逆算型で成果にこだわる英語プログラムをお探しの各企業にご利用いただいています。

【コーチング英会話 TORAIZ】https://toraiz.jp/


また、英語スピーキングはもちろんのこと、TOEICスコア対策、組織英語力開発、エグゼクティブ対応、中国語、日本語まで、語学研修のあらゆるニーズをサポートします。

お問い合わせ

会社情報

提供 トライオン株式会社
住所 東京都文京区後楽1-7-12 林友ビル5階
代表者 三木 雄信
資本金 1億6,250万円
売上高 非公開
従業員数 92名(2019年11月現在)
事業概要 「学ぶことを通じて人と組織の可能性を開く」を経営理念とし、英語を主軸として教育事業を展開しています。


●英語教育事業
コーチング英会話 TORAIZ(トライズ)https://toraiz.jp/
TORAIZ TOEIC(R)L&R TEST 対策プログラム https://toraiz.jp/toeic/
VRコーチング英会話 SmartTutor TORAIZ(提携:株式会社プラスワン https://www.plusone.space/)

●デジタル教育事業
通信講座の総合ポータルサイト「脳内カレッジ」
英語教材の通販サイト「スタディモール」
問合せ先 03-6257-1834(代)
URL https://tryon.co.jp/

特色

トライズは、 専属コンサルタントのサポートの下、 1年で1,000時間の学習を行う 英語習得プログラムです。

英語と日本語は構造的に非常に離れています。
アメリカ国務省付属機関FSIの調査では、英語話者が日本語を習得するためには2,200時間が必要とされており、最も習得が難しい言語に分類されています。日本語話者が英語を習得するためにも、同様か、各種研究論文ではそれ以上の時間が必要だと言われます。

日本で育った方は、学校や塾で約1,200時間の基礎的な英語教育を受けています。この時間を、必要とされる2,200〜2,500時間から差し引くと、社会人が英語を習得するまでに必要な学習時間はあと1,000〜1,300時間であり、このすべてを「知っている基礎的な知識(文法・語彙)を運用するためのトレーニング」に充てるべきと言えます。

トライズでは、
01. 1年1000時間の英語学習 を、
02. 組織・受講生の目的に合わせてカスタマイズ し、
03. 英語を聞く力・話す力に集中した教材と方法による自己学習 と、
04. 実践的なコミュニケーション・ストラテジーに特化したレッスン を、
05. 専属の専門家たちによるサポートにより継続させる仕組みです。

楽ではないからこそ、研修・育成の対象者が「本物の英語力」を身につけることができます。