ジェックは顧客接点から起こす「共創型イノべーション」で企業と市場の5年先・10年先を拓く、経営変革と人財づくりをご支援します。

『共創型イノベーション』とは

イノベーションは、自社のみ、
一人だけで起こせるものではなく、「共創」によって起こす時代になりました。

  • Innovation 01

    問題が複雑化し、解決するには
    多くの知恵と創発が必要に!

  • Innovation 02

    「つながる」ことで
    多様なアイデアが集まる環境を!

共創による問題解決・価値創造が不可欠!

『共創型イノベーション』は、顧客接点が起点です

さらに、顧客を起点にした創造的な人と
組織をつくるためのポイントなどをご紹介しています。

詳しくはこちら

詳細はこちら

導入サービスのご紹介

事例01

電子部品製造会社
A社様

課題

@お客様である完成品メーカーから新規案件をリサーチするが、特に何もないとのこと

対応

Aこれまでのお取り引きの関係から、ラインに入り込み問題点を洗い出す

B社内で課題を「不良品率削減」と仮説を立て、お客様の提案をし、お客様と不良品率改善の解決策を共創

成果

Cこれまでと違う不良品率改善の取り組みで一定の効果が生まれる

D部品を改良し他社に展開


事例02

ソフト受託会社
B社様

課題

@お客様である元請け会社自身が、開発案件が無く苦戦

A元請け会社からのニーズは特に無い

対応

Bあるシステムのユーザー層に直接リサーチをしたところ、今後、問題となりそうなテーマが浮かんだ

C元請け会社にそのテーマを持ち掛け、共同開発

成果

Dユーザーに新しい「アイテムの管理」システムを提供し、喜ばれる

E他市場への応用を検討

組織文化診断

「お役立ち」「挑戦」「協調」という3つの価値観から、
持続的成長を実現する組織文化を醸成します。

日々のマネジメントの積み重ねによって培われる、組織文化。社員一人ひとりの中に根付き、全員が共有する組織独自の価値観は、企業の業績やパフォーマンス、経営ビジョン実現に大きな影響を及ぼします。半世紀にわたって企業の集団性格革新を実践してきたジェックでは、慶應義塾大学大学院SDM研究科と共同で組織文化の診断プログラムを開発。今までの経験とノウハウを活用しながら、新たな組織文化を醸成する本質的な打ち手をご提供いたします。

  • Point 01

    アンケート調査

    社員が共有する
    「当たり前」という
    価値観を可視化・分析

    「市場へのお役立ちに向かって結束してチャレンジし、新たな価値を創造し続ける」ことに最上位の価値を置く風土・社風こそが、目指すべき組織文化です。「お役立ち」「挑戦」「協調」という3軸と共通基盤に関する89問のアンケート調査を行い、組織の持つ特徴を明確化します。

  • Point 02

    インタビュー

    コンサルタントが
    対面で組織文化の強みや
    課題を把握

    アンケート調査から組織の特徴や強み、課題などが浮かび上がります。そのデータを基にコンサルタントが社員へのインタビューを実施。アンケートだけでは確定しきれない理由を掘り下げながら、強みを活かして組織文化を変革するための打ち手を探ります。

  • Point 03

    報告・活用

    組織文化向上のための
    最も効果的な
    打ち手を共創

    組織文化は診断を受けただけでは何も変わりません。ジェックでは分析結果を報告すると同時に、組織文化を向上させる打ち手をご提案します。

    報告書サンプルを見る

ジェック 公開コース

スキルだけでなく、内省し
自ら成長し続ける人財を育成します。

ジェック公開コースは、「個人」と「組織」の成長・発展を長期にわたって支援する「階層別」をはじめ、テーマに応じたコースを取り揃えております。
すべてのコースに共通しているのは、その人の「考え方(行動理論)」へ働きかけ、自ら気づきを得ることで行動変容につなげることです。
長期的で体系的な人財育成にご活用いただけます。

JECC公開コースの特徴

  • 実践的

    現場のニーズから生まれた独自の実践理論を中核としています。1名から参加OK。課題やスケジュールに合わせて自由に申し込めます。

  • 気づき

    実践演習、シミュレーション、診断、参加者同士の創発で、自ら気づくシクミ。深い気づきから行動変容につながります。

  • クオリティ

    50年15,000回を超える豊富な実績に裏付けられたプログラムを実務経験豊富なインストラクターが行動変容につなげます。

育成モデルプラン

コース名をクリックすると、詳細情報へアクセスできます。

         
         
 
         
         
 
         
         
 
     
   

エキスパート育成について

エキスパートコースは現在公開コースでの開催はありません。
詳しい内容はジェックへお問い合わせください。

     
       

エキスパート育成について

エキスパートコースは現在公開コースでの開催はありません。
詳しい内容はジェックへお問い合わせください。

     
       

エキスパート育成について

エキスパートコースは現在公開コースでの開催はありません。
詳しい内容はジェックへお問い合わせください。

企業情報 ジェックとは

ジェックとはどういう企業か、そのコンセプトについてスライドショーでご紹介します。
ぜひご覧ください。

JECCサイトはこちら JECC会社情報はこちら

さまざまなジャンルの情報をピックアップ

eラーニングのご紹介

eラーニング・反転学習 一覧

ジェックが提供するeラーニングと、eラーニングと対面コースをセットで行う反転学習(反転授業)をご紹介します。
これらは、ソリューションサービスの各種コンサルティングやプログラムの中に組み込み、提供いたします。
また、eラーニングや反転学習(eラーニング+対面コース)単体でのご実施も可能です。

詳細はこちらをご覧ください

創造的な人と組織づくりを支援する neo 『行動人』∞
個人や組織の問題意識や興味関心が「ひらめき」へ。
「ひらめき」が「イノベーション」へ。

電子書籍のご紹介

詳細はこちらをご覧ください

Column

ジェック 経営プロ コラム
  • 人と組織が
    活きる経営判断

    第16回
    “価値創造の戦略と体制になっているか”で判断せよ。

    株式会社ジェック
    代表取締役社長
    葛西 浩平

    最新号はこちら
  • 真の「幹部」を
    育てる

    第7回
    「言いたいこと」をがまんする

    株式会社ジェック
    事業開発部 部長
    松井 達則

    最新号はこちら
ジェック HRプロ コラム
  • 歴史を動かす
    行動理論

    第30回(最終回)

    株式会社ジェック
    専務取締役
    越膳 哲哉

    最新号はこちら
  • 強いチームをつくる
    『上司力』

    第93回
    今期の話の前に、前期の話(フィードバックの重要性)

    株式会社ジェック
    事業開発部 部長
    松井 達則

    最新号はこちら
  • たくましい
    新人育成を目指せ

    第73回
    会社の仲間と仲良くやっていくためには、多少いやな付き合いも我慢して付き合う必要がある

    株式会社ジェック
    意識調査分析担当
    岡田 一寿

    最新号はこちら