ミドル・シニア活性化編

「人生100年時代」とミドルのキャリア

人材育成講座ミドル・シニア活性化編- 「人生100年時代」とミドルのキャリア

HRを取り巻く環境変化とミドル層のキャリアの現実

会社勤めをする30代から54歳位の層、いわゆる“ミドル層”のキャリア支援について、「キャリア開発支援編:ミドル層向けキャリア支援」の内容を受け、最近の環境変化の状況と、それに対応した「ミドル層のキャリアの現実」および「企業によるキャリア支援策」のより具体的な内容について学びます。第1章から順に読むことで、理解が深まる構成になっています。

第1章では、「ミドル層のキャリアの現実と、企業によるキャリア支援策の現状」について述べます。

この先は、会員の方だけがご覧いただけます。会員の方はログインを、会員でない方は無料会員登録をお願いします。

HRプロ会員の方はこちらから

まだ会員でない方はこちらから

登録無料!会員登録された方全員に、特典資料をプレゼント!

HRプロとは

監修紹介

株式会社ターンアラウンド研究所 共同代表、主席研究員 小寺 昇二

1955年生まれ。東京大学を卒業後、1979年に第一生命に入社。その後は事業再生ファンド、ITベンチャー、外資系金融評価会社、埼玉工業大学などを経験、転職回数は10回を超える。これまで、調査・企画・開発・財務・人事・総務・営業・経営、システムなど、あらゆる業務を経験。常にキャリア開発、教育、人財育成について実践を通して学び続けており、社員の幸せと、会社と社員が共に成長していける企業社会作りを使命としている。
株式会社ターンアラウンド研究所

監修者へのお問い合わせはこちら

人材育成講座(ミドル・シニア活性化編)