人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

組織的・有機的マーケティング活動で業績UP 13 顧客との関係性を進化させる

0

2017年12月28日

狙うお客様の反応を得るために、お客様の心理を読みながら働きかけていくことを前回はお話ししました。

その働きかけの中では、さまざまなスキルも必要とされます。

私たちは、そのような営業のスキルを研修で修得してから市場に出ています。

 

【一例】『ジェック営業力基本強化コース』より

■良い第一印象づくりのポイント

身だしなみ 態度 言葉遣い 表情 時間を守る

 

■基本動作の留意点

①第一声に自信の響き  ②ニッコリテキパキハイオアシス

 

■持つべき行動理論

①お役立ち精神 ②「お客様の出方は自分の出方が決まる」という意識 ③礼記の精神

 

■自社PRの留意点

①「他人を感動させようとするなら、まず自分が感動せねばならない」

②長さを目指すな、力強さを目指せ

③相手の業界、立場の関心に焦点を合わせよ

 

■    苗床活動とは ■

長年お取引が途絶えてしまっているお客様を私たちは「休眠客」と社内では呼ばせていただいています。「その関係性を改めて構築しなおし、お取引をいかに復活させるか」それは大きな「悩み」でもあり、「経営課題の一つ」でもあることから、「苗床活動」が始まりました。

 

次号につづく。

 

◆めたまこ活動(業 魂子(ぎょう・たまこ)と同じチームで活動中)◆

本年もお世話になりありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年はさらに日々生じる出来事をお伝えできればと思っています。

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら