人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

組織的・有機的マーケティング活動で業績UP 11 顧客との関係性を進化させる

0

2017年12月15日

 

「苗床」活動では、顧客の開拓(復活)と同時に、関係性を進化させることも必要になります。

常に、関係性の進化を意識しながら働きかけます。

その時のマイルストーンは、「お客様の反応」です。

・資料送付ぐらいならいいよ

・担当部門や担当者を教えてもいいよ。

・話を聴くだけで良かったら。

・情報をもらえるのはうれしいな。

・ウチの事情を話しておこうかな。

・こんな課題があるんだけど・・・

・コンペだけど、提案してみる?

 

一歩一歩ですが、働きかけながら、お客様の反応を進化させていきます。

 

11-0

■    苗床活動とは ■

長年お取引が途絶えてしまっているお客様を私たちは「休眠客」と社内では呼ばせていただいています。「その関係性を改めて構築しなおし、お取引をいかに復活させるか」それは大きな「悩み」でもあり、「経営課題の一つ」でもあることから、「苗床活動」が始まりました。

 

次号につづく。

 

◆めたまこ活動(業 魂子(ぎょう・たまこ)と同じチームで活動中)◆

「Amazon kindle」販売を始めました!

採用ミスとは言わせない!新入社員1年間の育て方 新入社員と人事・受け入れ側の三位一体で、「入社3ヶ月の壁」を突破する

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら