人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

組織的・有機的マーケティング活動で業績UP  9 お客様のNO(断り)にくじけない!~意識改革編 ~

0

2017年12月01日

「苗床」顧客をつくるには、お久しぶりのお客様へのアプローチが前提です。

その時のお客様のよくある反応としては、「断り」が断然多い状況です。

それらの「断り」トークを分析してみると、「いろいろな理由があって、今はNO」という背景や原因があることに気づきました。

 

例えば、

・他にお取引がすでに決まった企業がある。

・今は予算がないので、研修はしていない。

・情報保護の観点で、担当者は教えられない。

・会社の方針で、新規アプローチの電話はとにかく断るように言われている。

・今月は採用業務が忙しいから、時間がとれない。

このような「断り」が連発されると挫折しそうなのですが、「断り」の背景や原因をうかがうことで、「今は」ダメなだけで、先々は違う可能性があるというヒントが掴めます。

 

例えば、

・他にお取引がすでに決まった企業がある。→課題があって、課題解決を図っていらしゃるんだな。

・今は予算がないので研修はしていない。→予算があれば考える可能性がある。

・担当者は教えられない。→担当者が存在する。

 

こんな風に考え方をかえると、俄然やる気が湧いてきました。

 

■    苗床活動とは ■

長年お取引が途絶えてしまっているお客様を私たちは「休眠客」と社内では呼ばせていただいています。「その関係性を改めて構築しなおし、お取引をいかに復活させるか」それは大きな「悩み」でもあり、「経営課題の一つ」でもあることから、「苗床活動」が始まりました。

 

次号につづく。

 

◆めたまこ活動(業 魂子(ぎょう・たまこ)と同じチームで活動中)◆

「反対歓迎の精神」・・・反対は歓迎するのが一番。なぜならば反対を歓迎すればお客様の本音に近づくことが出来、問題解決に近づく。なぜならば反対は商談成功への第一歩

『ジェック営業力強化コース 個別提案型商談編』より

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら