人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

組織的・有機的マーケティング活動で業績UP  6 組織全体で顧客を開拓する~事前準備編~

0

2017年11月10日

組織全体で、お客様の反応の段階を定め、その進捗をイメージしながら開拓していくことは、すでにお話ししました。

具体的には以下のようにアプローチしています。

 

■アプローチ順序

1.事前準備

2.お客様へのアプローチ開始

3.お客様から情報提供に関して了解をいただく

4.情報提供開始!

5.情報提供内容準備

6.定期的・継続的な情報提供

 

今回は、1.事前準備です。

 

①元になるデータをリストアップします。

営業が訪問しやすいように、地区別をベースに検討していきます。

自社顧客管理システムで地区別のデータ分析を行い、地区別企業レポートを抽出します。

 

②企業レポートの最新化をします。

稼働客はデータメンテナンスが日々されていますが、

休眠客は最後にお取引が途絶えた時点の情報のままが実態です。

そこで、①で分析した地区別から優先順位をつけます。

企業名からHPを特定し、現在の所在地をつきとめます。

 

③顧客へのアプローチトークを作成します。

 

④③をもとに、②で特定したHPやデータに登録されている電話番号を手掛かりに電話をし、

登録の担当者がまだご在籍か否か、現在のキーマンはどなたか、といったリサーチをします。

 

■    苗床活動とは ■

長年お取引が途絶えてしまっているお客様を私たちは「休眠客」と社内では呼ばせていただいています。「その関係性を改めて構築しなおし、お取引をいかに復活させるか」それは大きな「悩み」でもあり、「経営課題の一つ」でもあることから、「苗床活動」が始まりました。

 

次号につづく。

 

◆めたまこ活動(業 魂子(ぎょう・たまこ)と同じ会社で活動中)◆

来春に、あるサービスのPRサイトを立ち上げることになっており、現在どのようなサイトがよいか考えています。

「パソコンとインターネットの環境があれば誰でもホームページが作れる時代!」というフレーズにひかれてデモサイトを作成してみました。

本当に便利ですね。

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら