人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

10年先を切り拓く「経営人材」養成法 17.我々は“何屋”か?

0

2017年01月17日

こんにちは。

今回は、最後のフェーズ「構想力」の判断基準になる「我々は何屋か?」ということについてまとめます。

 

◆「何屋」って何?

 

最近は、企業として市場に提供する価値を明文化している企業が沢山あります。

それをわかりやすく、「○○屋」または「○○業」と表現する場合があります。

例えば、ジェックの場合は、約15年前に「教育課題解決業」から「経営変革支援業」へシフトしました。

「教育課題解決業」であれば、マナー向上だとか、マネジメント力強化など、人材育成上の課題に目を向けトレーニングをしてできるようになることが目的になります。

提供するものも研修中心のご提案となり、ご提案先の多くは人事や各部門の教育責任者です。

「経営変革支援業」になると、理念を実践する経営だとか、需要創造型経営へのシフトなど、お客様企業のあり方やビジネスモデルまで変えるためのご提案をし、お客様と共に経営成果を求めていきます。

提供するのは、「人と組織の意識と行動を変える研修を得意とする変革全体のコンサルティング」で、ご提案先は経営者です。

 

他の業界でいうと、こういうフレーズを良く見かけませんか?

住宅販売  「旧:住宅販売業」 → 「新:ご家族の夢実現業」

医療機器  「旧:医療機器販売業」 → 「新:患者様の健康を創造するドクターのパートナー」

エネルギー産業 「旧:○○(電力やガス等)供給業」 → 「新:豊かな暮らし創造業」

などなど。

ホームページをみると、だいたいこの「○○屋」「○○業」に相当するフレーズがあります。

 

このように、「今後我々はどんな価値を提供したい(売りたい)のか?」を明確にし、どうすれば提供できるのかをトコトン考えることで、新しい発想が生まれてくるのです。

 

経営人材15ジェック

 

そして、この目指す姿をコンセプト化した「○○業」というフレーズは、内発的動機づけにもなり、プラスのエネルギーを引き出す素にもなるのです。

 

次回は、最終回。

「プラスのエネルギーを引き出し、10年先に挑戦する!」をお届けします。

 

*「経営人材」とは、ひとことでいうと、「経営感覚を兼ね備えた人財」のこと。特に、昨今の世の中の動きを考えると、「10年後の市場と自社の姿を描き、自分の想いを持って組織にイノベーションを起こすことができる人財」のこと

ジェック/マーケティングチーム 小倉

 

前の記事へ  16.“降りてきたサル”式思考フレーム  https://www.hrpro.co.jp/agora/5145

次の記事へ  18.最終回:地獄の動機づけ? 天国の動機づけ?  https://www.hrpro.co.jp/agora/5207

INDEXに戻る  https://www.hrpro.co.jp/agora/6073

 

◆◇◆ ジェックセミナーのご案内 ◆◇◆

「採用ミスとは言わせない! 新入社員一年間の育て方」(東京・竹橋)

第1回(2/9,Thr) 新入社員と人事・受入れ側の三位一体で「入社3か月の壁」を突破する

第2回(3/2,Thr) 新入社員に自発性を促すコーチングで「高い壁に挑む」人財をつくる

 

 

その他、ジェック主催のセミナー各種開催予定です。是非ご活用ください。

http://www.hrpro.co.jp/siteinsite_00103.php#anchor02

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら