人が変わる。企業が変わる。 ― 株式会社ジェック
  • 公開コース
  • セミナー
  • ピックアップ
  • KODOJIN
  • 50周年感謝企画
  • コラム
ジェックとは…

ジェックとはどういう企業か、
そのコンセプトについて
スライドショーでご紹介します。
ぜひご覧ください。

JECCサイトはこちらから
JECC会社情報はこちらから
公開コース
スキルだけでなく、内省し、自ら成長し続ける人財を育成します。

ジェック公開コースは、「個人」と「組織」の成長・発展を長期にわたって支援する「階層別」をはじめ、テーマに応じたコースを取り揃えております。
すべてのコースに共通しているのは、その人の「考え方(行動理論)」へ
働きかけ、自ら気づきを得ることで行動変容につなげることです。
長期的で体系的な人財育成にご活用いただけます。

JECC公開コースの特徴
実践的
現場のニーズから生まれた独自の実践理論を中核としています。1名から参加OK。課題やスケジュールに合わせて自由に申し込めます。
気づき
実践演習、シミュレーション、診断、参加者同士の創発で、自ら気づくシクミ。深い気づきから行動変容につながります。
クオリティ
50年15,000回を超える豊富な実績に裏付けられたプログラムを実務経験豊富なインストラクターが行動変容につなげます。
JECC公開コースのモデルプラン
  • 階層別
  • 職能別
    • 管理職〜経営幹部層
    • 中堅社員
    • 新人・若手社員
    • KI LOT LP
    • SSC FS KI
    • S JP SSC
    • 営業職
    • サービスエンジニア職
    • システムエンジニア職
    • MB CST KI
    • SV KI
    • SE KI
コース名を
クリックすると、
詳細情報へ
アクセスできます。

エキスパート育成について
「エキスパートコース」は、現在公開コースでの開催はございません。詳しい内容は、「総合お問合せ」にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから>>>

現状把握・課題設定・成果測定に役立つ調査・診断の詳細はこちら

セミナー情報
さまざまなセミナーを開催しています。ぜひご参加ください。
  • 3/2(木)

    東京都

    人事部門の新入社員育成後の現場配属(受け入れ)時のミスマッチや人事部門と受け入れ現場をつなぐ新人育成ノウハウがなかったり、受け入れ現場でどのようにコミュニケーションをとればよいかわからないというお悩みをよくお伺いします。 セミナーは2回シリーズとなっており、「新入社員1年間の育て方」と称し、 新人育成の12ケ月を最初の3ケ月、残りの9ケ月の新人の心理や目線を追いながら押さえていきます。 今回・・・・

サービス情報
たくさんのサービスのなかからピックアップしてご紹介いたします。
階層別研修

中堅社員 フォロワーシップ向上コース(略称:FS)

チーム全体の成果を意識したワンランク上の
視点に立つ考え方と行動を習得します。

資料ダウンロード
階層別研修

リーダー・主任 リーダーの基礎意識確立コース(略称:KI)

フォロワーシップ向上コース(略称:FS)研修を「職場の一年」に見立て、
ケーススタディを通して、リーダーとしての
基本的な考え方を体系的に習得します。

資料ダウンロード
階層別研修

管理職 リーダーのOJT指導力強化コース(略称:LOT)

メンバーのレベルに応じた指導・育成を習得し、
目標達成に導くマネジメント力の向上を図ります。

資料ダウンロード
ジェックの定期刊行誌『KODOJIN』(行動人:1972年創刊)

書店では手に入らない、
創造的で実践的なヒントが豊富にあります。
ぜひご購読ください。

お申し込みはこちらから
株式会社ジェック 創業50周年感謝企画

50周年ロゴをクリックいただくと、
50周年記念動画をご覧いただけます。

株式会社ジェックは、2014年6月1日、
創業50周年を迎えました。
弊社の創業50周年感謝企画は、
ステーションコンファレンス東京にて
6月2日に開催されました。
長年お世話になっているお客様
ならびにお取引先の方々、
約100人の方々にお越しいただきました。
大変有り難く感謝申し上げます。

感謝企画の詳細はこちらから
JECC Column
歴史を動かす行動理論
第23回 上杉輝虎

株式会社ジェック
専務取締役
越膳 哲哉

コラムの最新号はこちらから
強いチームをつくる『上司力』
第82回 新人の配属をチャンスにする(2)

株式会社ジェック
オンリーワン
コンサルティング部
松井 達則

コラムの最新号はこちらから
たくましい新人育成を目指せ
第68回 個々人の努力や成績を無視して、生活必要経費を基準にボーナスを支払うことは誤りである

株式会社ジェック
意識調査分析担当
岡田 一寿

コラムの最新号はこちらから