人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

人事必見!失敗しない内定者懇親会5つのポイント

0

2017年01月16日

人事必見!失敗しない内定者懇親会5つのポイント

多くの企業が内定式の当日もしくは前後に実施している内定者懇親会。しかし、本当に学生が満足している内定者懇親会を実施できているでしょうか?学生からは「会話が少なくて居心地が悪かった」「一方的に話を聞くだけだった」という声を毎年のように聞きます。これから内定者懇親会を開催しようと考えている人事担当者のために注意するべきポイントを5つにまとめました。

1.開催目的と開催場所

どういう目的・内容で開催するのか最初に目的を決めることが大切です。交流だけが目的なのか、企業への理解を深めさせたいのか、また誰と交流させたいのかも考える必要があります。目的によって開催場所も会議室での立食形式にするのか、ホテルでの会食形式にするのか、居酒屋にするのか、適切な開催場所が変わってきます。開催場所ありきで考えてしまうと「ホテルでざっくばらんに会話してほしい」などミスマッチが生まれてしまいますので注意しましょう。

2.服装の案内

内定者の服装はスーツなのか私服なのか案内している企業は多いですが、私服がどの程度OKなのかで悩む学生が多いです。私服OKの場合でも内定者が迷わないように、「茶髪OK。服装はオフィスカジュアル程度を推奨。※短パンはNGだが、ポロシャツやGパンはOK」など少し具体的に伝えてあげると、内定者は安心します。

3.自己紹介

人数が少なければ事前もしくは開始直後に自己紹介用の時間を設けると、その後の会話に発展しやすいです。同じタイミングで企業側の参加者にも自己紹介してもらいましょう。役職や普段の仕事内容を簡単に一人30秒程度で説明することで、その後の会話の話題にしやすいです。人数が多い場合は名札の活用がおススメです。懇親会の前に内定者同士で「大学で取り組んでいること」をテーマに自己紹介を兼ねてグループワークを導入する企業もいます。

4.お酒について

懇親会でお酒が出る場合は開始される前に「お酒が苦手な人はいますか?」と一言声をかけてあげるだけで、飲めない人は安心します。なかなか自分からは伝えづらいことを聞いてあげることで、周りも「この人にはあまり勧めないようにしよう」と配慮できますので、お酒が苦手な人でも楽に参加できる雰囲気が生まれます。


5.記念写真について

記念写真を残しておくことをおススメします。記念写真を数枚撮影しておくと、のちのち便利です。翌年の新卒説明会や採用ブログなど活用できる場面は多いです。「来年の春に入社予定の内定者」として社内報にも活用できます。なかには数年後の忘年会で「あのときの○○君は若かった」と面白いエピソードとして利用した企業もいらっしゃいます。

まとめ
懇親会はただ開催するだけではなく、改めて会社の魅力や仕事の魅力を伝える場でもあります。「早く入社したくなった」「この会社に入る実感ができた」と言ってもらえるような内定者懇親会を心がけてほしいと思います。内定者同士の交流やモチベーションを高める場として懇親会を上手に活用しましょう。

PR =====

1Day インターンシップ、合同企業説明会などで出
会った就活生に会社の雰囲気、働きがい、仕事風
景をインスタ風SNS アプリで伝えます。
就活生は、会社の日常風景や実際の仕事の様子・
イベントなどを写真入りで就活期間中、継続的に閲
覧でき、人事採用担当者や若手先輩社員とも交流
ができるクローズド(招待制)SNS 機能を備えていま
す。

クローズド SNS ですから、情報漏れの拡散や就活
生のプライベート介入の心配がありません。
また、企業説明会、選考面接日程などの連絡・お
知らせ機能や、アンケート機能なども備えており、
就活生と採用担当者との円滑なコミュニケーション
を支援するスマホアプリです。さらに、内々定がも
らえて後、入社式まで継続利用も可能です。
プッシュ通知で、素早く確実に情報を伝えることが
できます。

【人事採用担当者にとって】
PC 管理画面で就活生からのアクセス状況をモニタ
ーでき辞退防止できます。採用候補と内定者2 つ
のグループを一元管理で、業務負担が半減します。

【就活生】
同期入社の仲間や、先輩社員の働き方を知ること
ができ一体感が生まれます。
使い慣れたインスタグラムやLIME のように、一度
アプリをダウンロードすればあとは日々気軽にアク
セスできます。

就活生フォロー Chaku2(ちゃくちゃく)NEXT
詳細は→ https://www.chaku2.jp/lp/
運用:株式会社サーフボード
(https://www.surfboard.jp/)
0776-52-2134 本庄

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら