人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

WEBエントリーで母集団を形成する3つのポイント

0

2017年01月16日

WEBエントリーで母集団を形成する3つのポイント

新卒採用において就活生の母集団を形成する方法として就職サイト、合同説明会イベント、人材紹介会社、大学の就職課などが挙げられます。その中でもリクナビやマイナビといった就職サイトはもっとも一般的な母集団形成方法であり、必要不可欠な存在です。就職サイトでエントリー数を集められるかどうかが採用成功のカギと言えるでしょう。今回は就職サイトのWEBエントリーで母集団を形成するポイントを3つにまとめました。

1.就職情報サイトの設定の見直し
まず管理画面の企業情報の設定を見直すことをおススメします。設定をしっかりおこなうことは当たり前のことですが、少なからず設定ができていない企業がいます。例えば業種の設定や会社の特徴が未設定もしくは一部の機能しか活用していないケースを見かけます。

具体的な参考例として「選考でエントリーシートなし」など選考の特徴で該当する項目の確認や「社宅・家賃補助制度あり」など待遇の項目も確認しましょう。これらは就活生が検索する際やエントリーする際に重要になってきます。特にBtoBの企業や中小企業であれば就活生から知られていない場合は検索が重要になってきます。企業側の管理画面やマニュアルを一度見直してみることをおススメします。

2.手書きの履歴書の廃止

WEBエントリーの母集団形成におススメなのが手書きの履歴書の廃止です。手書きじゃないと気持ちが伝わらないと考える採用担当者の意見も多いですが、個別に毎回履歴書を書くのは大変な作業です。あるアンケートでは内定者は平均50社にエントリーしているそうですが、エントリーシートを書くだけでも相当な労力ですよね。気軽にエントリーしてもらうために、パソコンでの履歴書OK(手書きの履歴書は不要)と書くだけで就活生のエントリーのハードルは下がります。

新卒採用では手書きの履歴書が基本とされていますが、大手企業に学生を奪われている中小企業ほど廃止したほうがいいです。母集団を増やすには「第一志望の学生」を増やすことも大切ですが、「第三志望の就活生」を増やすのも一つの手段です。そこには志望動機は高くないけど、優秀な学生がたくさんいます。

「大手企業が第一志望だけど、専門性の高い中小企業も見てみたい」と考える就活生も多くいますが、手書きの履歴書を負担させると「そこまでする必要はない」「同じ手間がかかるのであれば大手企業に注力したい」とエントリーを敬遠されてしまいます。

「志望動機が低い学生を集めても意味がないのでは?」と考えるかもしれませんが、企業説明会や新卒選考において志望動機は高めれば問題ありません。まずは母集団形成することが大切ですので、気軽にエントリーさせるためには履歴書の負担を軽減させてあげることをおススメします。

3.説明会のコンセプト
一般的なのが「会社説明会」ですが、そこにコンセプトを持たせましょう。よく使われているのが「創業社長が語る説明会」「代表取締役が直接話す会社の魅力」といったビジョン系を打ち出すタイプや、「最短2週間で内定獲得」「一次面接合同開催」といったスピード選考を打ち出したコンセプトもあります。

他には「〇〇業界の分析ができる説明会」や「コラボセミナー」など就活生にとってメリットがある説明会コンセプトも学生ウケが良いです。インターンシップの時期であれば学生も業界分析が不十分なため、業界説明会といったコンテンツを打ち出す会社が多い傾向にあります。

まとめ
就職情報サイトはほとんどの学生が登録していますが、一方で新卒採用をおこなっているほとんどの企業が登録しています。そのため、登録すればエントリー数が集まるわけではなく、多くの企業が母集団形成を課題としています。自社の求める人物像からエントリー数を増やすのが理想ですが、まずは母集団の形成から始めてみてはいかがでしょうか。

PR =====

1Day インターンシップ、合同企業説明会などで出
会った就活生に会社の雰囲気、働きがい、仕事風
景をインスタ風SNS アプリで伝えます。
就活生は、会社の日常風景や実際の仕事の様子・
イベントなどを写真入りで就活期間中、継続的に閲
覧でき、人事採用担当者や若手先輩社員とも交流
ができるクローズド(招待制)SNS 機能を備えていま
す。

クローズド SNS ですから、情報漏れの拡散や就活
生のプライベート介入の心配がありません。
また、企業説明会、選考面接日程などの連絡・お
知らせ機能や、アンケート機能なども備えており、
就活生と採用担当者との円滑なコミュニケーション
を支援するスマホアプリです。さらに、内々定がも
らえて後、入社式まで継続利用も可能です。
プッシュ通知で、素早く確実に情報を伝えることが
できます。

【人事採用担当者にとって】
PC 管理画面で就活生からのアクセス状況をモニタ
ーでき辞退防止できます。採用候補と内定者2 つ
のグループを一元管理で、業務負担が半減します。

【就活生】
同期入社の仲間や、先輩社員の働き方を知ること
ができ一体感が生まれます。
使い慣れたインスタグラムやLIME のように、一度
アプリをダウンロードすればあとは日々気軽にアク
セスできます。

就活生フォロー Chaku2(ちゃくちゃく)NEXT
詳細は→ https://www.chaku2.jp/lp/
運用:株式会社サーフボード
(https://www.surfboard.jp/)
0776-52-2134 本庄

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら