人事にプロのサポートを―新卒採用、中途採用、人材育成、研修、人材マネジメント、労務、人事システム、適性検査ならHRプロ

人事を変える集合知コミュニティ HRアゴラ

10年先を切り拓く「経営人材」養成法 01.「経営人材」とは?

0

2016年08月11日

こんにちは。株式会社ジェック/マーケティングチームの小倉です。

このブログでは、ジェックのマーケティングチームが注目している経営課題・テーマについてのご紹介をしていきます。

まずは、「経営人材」を連載します。よろしくお願いします。

 

◆「経営人材」とは?

 

今年に入ってから、HR系のイベント等で、「経営人材」という言葉を多く目にするようになりました。

「経営人材」という言葉を見た時に、みなさまはどのようなイメージを抱くでしょうか?

いろいろなセミナーに参加しましたが、あまりそのイメージは固まっていないようです。

人によっては、「経営者」であったり、「次期幹部候補者」であったり、単に「マネジメント層」のことをイメージしている方もいらっしゃいました。

 

ジェックでは、昨年秋に「経営人材」養成プログラムを打ち出したときに、以下のように定めました。

「経営人材」とは

●ひとことでいうと、「経営感覚を兼ね備えた人財」のこと

●特に、昨今の世の中の動きを考えると、「10年後の市場と自社の姿を描き、自分の想いを持って組織にイノベーションを起こすことができる人財」のこと

 

つまり、企業の中のどの層かは、明言していません。誰もが「経営人材」になりうると考えています。

ただし、養成するとなると、どの層が適しているか、という仮説は、今までのご支援体験から持っています(それはおいおいお伝えします)。

 

日本は、これから東京オリンピック開催に向って、人の気持ちも、経済も、なんだかんだいいながら、高揚していくでしょう(そんなに簡単ではないことは承知していますが)。

しかし、東京オリンピックを境に、どのような未来が待ち受けているのか、あまり想像がつきません。

明るい未来が待ち受けているようにするには、今我々が、世の中全体、特に市場や自社の未来の姿を明るく描き、実現するようしかけていかなければなりません。

それを担うのが、「経営人材」だと考えています。

 

そういった想いを持ちながら、「経営人材」養成に対する考えをまとめていく予定です。

よろしくお願いします。

 

次の記事へ  02.発想のおきどころ  https://www.hrpro.co.jp/agora/4693

INDEXに戻る  https://www.hrpro.co.jp/agora/6073

 

◆◇◆ セミナーのご案内 ◆◇◆

【無料】次世代経営者育成 セミナー&ワークショップ 2016年8月23日(火)東京

http://www.hrpro.co.jp/seminar_detail.php?ccd=00103&pcd=111&scd=1

この記事はあなたの人事キャリア・業務において役に立ちましたか?

参考になった場合はクリックをお願いします。
0

Voice私はこう思う!

この記事へのコメントはまだありません。

コメントを行うには HR プロへのログイン・会員登録が必要になります。

新規会員登録はこちら