【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.26 ジョン・サムサー氏:人事倫理を規定するための8つの方法

John Sumser | June 4, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
このパンデミックのさなか、米国を始めとする世界各地では、人種差別と不平等の暗い歴史に直面しています。このような状況のもと、多くの人々が、自分たちの働き方や信じてきたことを真剣に考え直しています。より平等で公正な組織を構築するために、会社は倫理的問題についてどのように取り組む必要があるでしょうか?

Sumser: 8 ways to reflect on your HR ethics

Pandemic, massive racial and political unrest, economic disruption, men in space, generational conflict, cities burning. You could be forgiven if you think we’ve been transported back to the 1960s. For a long time, nothing much happened. Then, whammo. It’s all happening at once.

The progress toward a society rooted in equality stalled some time ago. It took a political administration that says the quiet part out loud to pull the covers off the thing we didn’t want to see: We live in a class-driven society. And the primary determinant of class is skin color. Our organizations are reflections of the structural forces that drive unequal access to resources, education, jobs, and technology.

See more from John Sumser here.

In the early days of intelligent tools (AI), much was made of the desire to eliminate bias from decision-making. The theory was that bias existed in the data and, if we just used the right data, model or algorithm, we could remove human bias and get objective, data-driven decisions. The idea made the tech optimists very happy.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員