【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.63 HRテクノロジー 今週の話題:人事とファシリティ

Phil Albinus | January 14, 2022
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
リモートワークやハイブリッドワークの継続に伴い、企業のオフィスマネジメントは人事部門やIT部門が主導するようになってきています。経営者や管理職の多くは、人事部門がより多くの責任を負うようになったと認識しています。このような人事部の役割の変化には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

HR Tech Number of the Week: HR and facilities

As companies debate return-to-office policies amid the Omicron outbreak, a new breed of personnel is running facilities in many workplaces, while C-suite and non-essential workers operate remotely. The responsibility of office management—which includes employee experience, office layouts and systems access management—increasingly is falling to either IT and human resources departments—or is a shared responsibility between the two.

In a recent survey, conducted by workplace solution provider Robin, of more than 400 managers, directors, VPs and executives working in HR, IT and facilities, 39% of respondents said HR oversees office management today. Prior to the pandemic, the survey found that workplaces were managed by a combination of HR, IT and facilities groups (30%) or were evenly split between facilities (23%) and IT (23%) teams.

What it means for HR leaders 

According to Zach Dunn, Robin’s co-founder and vice president of customer experience, these numbers indicate a natural shift toward employee experience, which has historically been owned by HR, in regard to physical workplaces. With many employees working fully or partly remote amidst rising resignation rates, HR leaders are now tasked with ensuring that the workplace meets the workplace needs of the employee beyond payroll and benefits.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員