【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.32  信頼を呼び起こし共感を高める3つの方法

Nick Petschek | September 1, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
新型コロナウイルスの大流行は、社員と企業の関係を根本から変えようとしています。遠隔地にいる従業員のエンゲージメントを維持するためには、企業経営者や人事担当者が彼・彼女らの気持ちを理解しながら行動することが必要です。効果的にコミュニケーションをとるためにはどうすればよいのでしょうか。

3 ways you can inspire trust and boost empathy

The coronavirus pandemic has sent shockwaves rippling across the globe, infiltrating nearly every aspect of our personal and professional lives.

In response to the global pandemic, Kotter’s COVID-19 Study of 850 respondents revealed that less than a third of respondents believe their organization will come out stronger after COVID-19 compared with the market, with top-level executives exhibiting more confidence than mid- to junior-level employees.

Compared to top-level executives, significantly fewer junior employees agree that their organization empathizes with their current situation. The gap widens further around transparency, with only six in 10 junior employees agreeing that their organization is transparent about COVID-19’s potential impact on the business.

This begs an important question—how can leaders close those gaps and build trust with employees in this uncertain time?

Here are three avenues to address the transparency and empathy gaps:

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員