【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.31 ジョシュ・バーシン氏:従業員サーベイをやめるべきでない3つの理由

Josh Bersin | August 17, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
仕事に関するさまざまなテーマについて従業員の意見を把握するため、企業は長年にわたりアンケート調査を利用してきました。そしてパンデミックが流行している今も、社員アンケートが有意義なコミュニケーションを築くための重要なツールであることに変わりはありません。この時期だからこそ、従業員アンケートが特に重要な理由は何でしょうか?

Bersin: 3 reasons we shouldn’t get rid of employee surveys

The Wall Street Journal recently ran an article titled “It’s Time to Get Rid of Employee Surveys,” which listed multiple reasons for ditching them. I believe employee surveys of all types are more valuable and important now than ever before. Every company should be incorporating them—along with other forms of feedback—into their workforce strategy.

Here’s my take.

In today’s constantly changing and unpredictable work environment, it is essential to understand what employees think.

Employees today are suffering from a variety of stresses—health concerns, working from home (or being furloughed), family issues and economic uncertainties, among them. In the Josh Bersin Academy’s Big Reset research, we have found that more than 80% of companies are now using open town halls, regular surveys and focus groups to elicit employee input.

Collecting employee feedback throughout the COVID crisis shows employees that you care and are listening, builds employee trust (especially when coupled with a strong communications program) and provides an essential source of intelligence for business leaders.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員