【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.28 従業員のメンタルヘルスを向上させるための10の戦略

Kathryn Mayer | June 2, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
新型コロナウイルスが大流行する間、人事担当者は従業員全員の安全を維持するために、従業員のメンタルヘルスに注視しなければなりませんでした。従業員がこのような困難な時期を乗り越えるために、人事部には何ができるでしょうか?

10 strategies to improve employee mental health

A focus on mental health always makes good business sense. But in the time of coronavirus, as well as the protests taking place nationwide, the practice is becoming more vital than ever. Employees are experiencing higher rates of mental health issues and struggling with feelings of isolation, loneliness and stress—and many are looking to their employer for help.

“In our current circumstances, where we are forced into a position where we go back to the fundamentals—like taking care of each other and treating each other like human beings—we realize that the stuff that maybe used to be viewed as extra or nice-to-haves, like mental health, is absolutely necessary and foundational,” says Reetu Sandhu, a manager at the Limeade Institute, which conducts research about wellbeing. “Simply put, mental health and our fundamental human needs are no longer aspects of work that can be deprioritized.”

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員