【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.15 ジェイソン・アバーブック:2020年におけるHRの最優先課題トップ10

By:Jason Averbook | December 30, 2019
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
2020年代の初めに新年を迎えると、企業の人事部門は新しい課題に直面し、新しい優先順位を設定する必要がある。御社の人事における優先課題はこの記事で解説されているデジタルHR課題と、どの程度一致しているのか?

Jason Averbook: Your top 10 HR priorities for 2020

We’re closing in fast on the end of a year and a decade—hurtling toward a new decade, Workforce 2020, the “decade of data” and a leap year. Whatever milestones help you frame the period of time we’re entering, one thing is clear: If you don’t set priorities that are strategic and proactive, you will spend the year ahead reacting and chasing. Your organization will not get ahead in 2020 if you follow. You must lead.

Here is a countdown of the top 10 themes that will help you lead in 2020. Each of these needs to be considered and prioritized for your organization if you are to move ahead.

10. Acknowledge the end of “HR tech” as we know it—as nothing more than technology for HR. We must shift to the concept of digital, which does not equal technology. Digital is the combination of mindset (which asks why), people (who they are and how they work, which impacts how you design, deploy and communicate), process (how will people work, and to what end?) and technology (which can only be successful when it succeeds the previous three points). If all four of these components do not produce actionable workforce insights, start all over again.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員