【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.16 人間+AIでサイバーセキュリティリスクへの対応力を改善

By: Maura C. Ciccarelli | January 2, 2020
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
AIと機械学習が発展し続けるにつれ、人間の判断が必要ではなくなるという懸念がある。むしろ、AIと機械学習の活用により、人々のサイバーセキュリティスキルをどのように向上させることができるのか?

Humans plus AI improves cybersecurity risk response

With an estimated 3.5 million cybersecurity positions expected to go unfilled by 2021 and with security breaches increasing some 80% each year, combining human intelligence with machine learning and artificial intelligence tools becomes critical to closing the talent availability gap.

That’s one of the recommendations of a report called Trust at Scale, recently released by cybersecurity company Synack and citing job and breach data from Cybersecurity Ventures and Verizon reports, respectively. In fact, when ethical human hackers were supported by machine learning and artificial intelligence, they became 73% more efficient at identifying and evaluating IT risks and threats.

For HR, that means IT professionals who augment their surveillance with AI gain 20 times more effective attack surface coverage than traditional methods, meaning they can find and remedy critical security vulnerabilities 40% faster.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員