Menu

コンサルタントとは?業界特性や仕事内容をわかりやすく解説

読了まで約 7

近年、激化する企業競争の中で、自社が生き残るための戦略として重要な「コンサルタント」の力。自社の経営施策を打ち出すうえで欠かせない存在となっているものの、コンサルタントがおこなう基本的な業務については深く理解していないという企業担当者も多いようです。

この記事では、コンサルタントとは具体的に何をするのか、その分野や種類、仕事内容、業界の特性までわかりやすく解説します。

関連プログラム:人材育成プラン・制度設計 – 組織・人材開発のHRインスティテュート

目次

コンサルタントとは?

コンサルタントとは、ある特定の事柄・分野について助言をおこなう専門家を指す言葉です。幅広い知識と経験を持つコンサルタントによるビジネス業務を「コンサルティング」といい、コンサルタントが所属している企業は「コンサルティング会社」や「コンサルティングファーム」と呼ばれています。

コンサルタントの役割は、企業が自社の経営戦略や事業計画を策定する際に、その企業にとって最適な相談役・サポート役となり、現在抱えている経営上の課題を解決に導くことです。また、クライアント企業が競合他社との競争に打ち勝つために、自社の強みや弱みを把握して他社との差別化要因を見つけ、優位性を高めるために必要な施策の企画・立案の手伝いもおこないます。

コンサルタントはコンサルティング自体をサービス・商材とし、企業が戦略プランをスムーズに実行できるよう目標設定をしながら寄り添い、意思決定をサポートします。コンサルタントが主導的に提案・アドバイスをおこなうものの、決定した経営戦略を実施するのは基本的にはクライアント企業となります。

ただし近年は、これまでより一層深く企業の内部に入り込み、実際にプランの実行までを担当するコンサルティングファームが増加し、浸透しつつあります。その要因の一つに挙げられるのが、企業を取り巻く経済情勢や社会環境の複雑化・多角化です。自社の課題認識から難易度の高い解決策の実施までをコンサルタントに任せ、確実に成果を上げたいというニーズが高まっていると考えられます。

関連記事:コンサルタントに必要なスキル・能力とは?その考え方と重要な質問スキル

コンサルタントの分野・種類とは?

コンサルタントが所属するコンサルティングファームによって、さまざまな分野・種類のコンサルティングが存在します。

コンサルタント業務の主な分野・種類は以下のとおりです。

○戦略系コンサルティング
経営上にある企業課題を発見し、解決のための施策を策定するコンサルタント業務です。
M&A戦略や新規事業戦略、中長期的な成長戦略などのコンサルティングも提供し、近年はプランの実行支援までおこなうケースが増えています。

○総合系コンサルティング
特定の分野にとどまらない、幅広い領域におけるコンサルタント業務です。
メーカー、金融、官公庁などさまざまな業界をカバーし、業務改善から戦略立案、問題解決のためのシステム導入まであらゆるサポートをおこないます。

○ITコンサルティング
業務の課題を見える化し、IT技術の活用で解決に導くコンサルタント業務です。
IT・マーケティングに関する知識や分析力が豊富で、システムの導入支援から最適化、運用指導までおこなうこともあります。

○組織・人事コンサルティング
組織や人事領域に関連するコンサルタント業務です。
人材開発戦略から給与・評価制度の改革、確定拠出型年金の導入まで、幅広い分野に対応しています。人材能力開発のためのプログラムを企画し、開発・提供までおこなうコンサルティングファームも存在します。

用語解説「人材開発プログラム体系」❘ 組織・人材開発のHRインスティテュート

○財務系コンサルティング
FAS(ファイナンシャルアドバイザリーサービス)とも呼ばれ、M&A支援や財務関連の課題解決に特化したコンサルタント業務です。
会計や法務などの専門知識が豊富で、企業再生支援や企業価値評価なども担当します。

○シンクタンク系コンサルティング
経済調査や官公庁向けのリサーチ、マネジメントコンサルティングといった幅広いサービスに対応するコンサルタント業務です。
シンクタンク系のコンサルティングファームは、大手企業や銀行、証券会社が母体となっていることが多いのが特徴です。政治・経済のプロフェッショナルで、調査だけではなくシステムの構築などもおこなっています。

○監査法人系コンサルティング
会計監査業務とコンサルティング業務の2つを担います。
会計監査業務では財務書類における監査および証明、コンサルティング業務ではIPO(新規上場)やIFRS(国際会計基準)支援、財務・税務関連のアドバイザリー、内部統制支援など、多岐にわたるサポートをおこないます。

○事業再生(企業再生)コンサルティング
企業の内部まで入り込み、事業再生・企業再生を支援するコンサルタント業務です。
クライアント企業の業務改善や事業の再生を請け負い、事業・財務・人材などのあらゆる角度から企業を改革し、経営の健全化や再成長させるための取り組みをおこないます。

関連記事:ビジネスコミュニケーションに必要な3つのスキルを解説

コンサルタントの仕事内容とは?

コンサルタントの仕事内容としては、一般的に共通して「クライアント企業の現状分析と課題の把握」「課題に関する情報の収集」「課題解決に向けたビジョンの策定と実行支援」の3つが挙げられます。加えて、それぞれの分野・種類・役職ごとに仕事内容が細かく分かれていることもポイントです。

コンサルタントの役職はコンサルティングファームによって呼び名が異なるものの、一般的には以下の4つに分類されます。

○アナリスト
コンサルタント業界のアナリストは、アソシエイトやリサーチャーとも呼ばれる現場に最も近い職位です。
アナリストの仕事内容は情報収集と分析、資料作成などで、マネージャーやコンサルタントの指導のもとで業務をおこなうことが多く、コンサルタントキャリアのスタートポジションともいえます。

○コンサルタント
コンサルタントとは一般的にアナリストから昇進した職位であり、シニアアナリストやシニアアソシエイトとも呼ばれます。
コンサルタントの仕事内容はコンサルティングの実作業で、担当するプロジェクト全体に関するマネジメント業務も必要となります。課題解決への仮説を立て、検証作業をおこなうことが主な仕事です。

○マネージャー
マネージャーとは、責任を持ってプロジェクト全体を取りまとめるポジションであり、プロジェクトマネージャーやマネージコンサルタントとも呼ばれる職位です。
マネージャーの仕事内容は主にプロジェクトの全体管理や予算管理で、クライアント企業の開拓を担当することもあります。

○パートナー、プリンシパル
パートナー、プリンシパルとは、ディレクターやヴァイスプレジデントとも呼ばれる職位です。プロジェクト運営の最終的責任者であり、コンサルティングファームの共同経営者でもあります。
パートナー、プリンシパルの仕事内容は、クライアント企業の獲得や知財の開発、人材育成など多岐にわたり、コンサルティングファームそのものの経営もおこないます。

関連記事:ビジネス課題を解決するコンサルティングスキルとは?
関連記事:ロジックツリーとは?特徴や作り方、具体例を解説

コンサルタント業界の特性と動向

全世界におけるコンサルティング業界の市場規模が推定10兆円から20兆円といわれる中、日本においてはまだまだコンサルタントの活用度は高くないのが現状です。

国内ビジネスコンサルティングの市場予測では、2021年の国内市場は5,724億円であったとみられ、前年比でいえば11.4%増となっています。企業のデジタルシフトやグローバル化などが追い風となり、コンサルタントやコンサルティングへのニーズが増加したことが需要拡大の要因であると考えられます。

グラフ:2021年の国内コンサルティング市場

出典:IT Leaders『2021年の国内コンサルティング市場は前年比11.4%増の5724億円、コロナ禍の影響を脱し復調─IDC

今後もコンサルティング市場は拡大していくことが予測される一方で、業界全体では「コンサルタントのあり方」について変化が求められています。近年はインターネットの普及などでクライアント企業自体が持っているビジネスノウハウや基礎知識が向上し、課題解決策の提示のみをおこなうコンサルタントへのニーズが減少しているのです。

今後もクライアント企業から選ばれ続けるためには、より「クリエイティブで有益な価値の提供」が求められ、コンサルティングの難易度が大きく上がっている状況といえます。業界内での生き残りをかけ、コンサルタントとして対応できる分野を広げたり、専門性を高めたりするなどの工夫が必要となるでしょう。

関連記事:【2023年最新】ChatGPTのプロンプトとは?ビジネスに役立つ活用方法を紹介

まとめ

コンサルタントとは、特定の事柄や分野について診断・助言する専門家を指す言葉です。コンサルタントの主な仕事内容は、クライアント企業の現状分析や課題に関する情報の収集、課題解決へのビジョンの策定、実行支援などであり、コンサルティングの分野や種類、職位によっても異なることがポイントです。

コンサルティング業界の市場規模は増加傾向にあるものの、業界特性としては「コンサルタントのあり方」が大きく変化している状況です。課題解決策の提示のみならず、いかにして「クリエイティブで有益な価値」を提供していくのか。業界で生き残るためには、クライアント企業のニーズを深く理解し、貢献度を高める工夫が必要となるでしょう。

関連プログラム
記事一覧
おすすめ記事
ページトップへ
©2021 HR Institute Inc.