Coming Soon
9/19(水)

14:10 - 15:20

この講演の「聴きどころ」を教えてください。
採用難といわれる中、企業が今後も発展するために重要なのは、採用した人材をいかに育成し成果を挙げ続けるか、ということです。特に「売上・利益を生み出す存在である営業人材の育成」「営業員の早期戦力化」「営業生産性の向上」に力を入れて取り組まれている経営者や人事担当者の方は多いのではないでしょうか。

我々が6,700社を超える企業を分析した結果、営業人材育成に課題を抱える組織では、共通して下記の四つの状況に陥っていることがわかりました。

(1) 毎年、営業研修は実施しているが、内容はこれまでの研修を踏襲したものである 
(2) 研修実施後の受講生によるアンケート評価は悪くない
(3) アンケート評価は悪くないにもかかわらず、経営陣や人事からすると研修前と比べて変化が見られない。
(4) 人事部門や営業幹部が日々の業務に追われ、研修の効果測定ができていない

皆さまの組織では、実施した研修に効果があったかどうかわからないまま、毎年同じ研修を続けてはいませんか?

本講演では、成果につながる営業研修の設計方法とプロジェクトの進め方、また貴社が現在実施している営業研修の効果を高める方法について、成功事例とともにお話しいたします。

来期こそ効果のある営業研修を実施したいとお考えの経営者、人事責任者、人事担当者の皆さま、研修を検討し始める今だからこそ、貴社の営業研修を見直してみませんか?
貴社の強みや、サービスの特徴をお聞かせください。
我々は宋文洲が立ち上げた、ソフトブレーン(東証一部上場)の機能会社として、営業分野特化型のコンサルティング、研修事業をご提供しています。これまでに6700社以上の企業を支援してまいりました。また、「営業力強化に向けた改革に取り組んでいるが、成果に結び付かない」という企業の課題を解決するため、コンサルティング実績データを分析し、営業改革に成功している企業の特徴や成功要因を明らかにする研究活動も同時に行っています。

我々の研究結果をご紹介しながら、成果をだすために必要なポイントを皆さまにお伝えできればと思います。
ご参加の皆様へメッセージをお願いします。
営業現場では、人材採用難が待ち構えています。そんな中でも組織の競争力を保ち続けるためには、営業生産性を高め、限られた人材で最大の成果を出すことが求められます。今後、組織力を強化するために、人材教育のプロとして何に取り組むべきか、どこにフォーカスすべきか、あらためて考えてみませんか。

講師紹介

  • 小松 弘明

    小松 弘明氏

    ソフトブレーン・サービス株式会社 取締役会長

    三和銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、ソフトブレーン(株)に入社。 現在はソフトブレーン・サービス(株)会長を務める。 銀行員時代を含め、2万社を超える企業経営者からの相談を受けるなど 営業プロセス構築に関するコンサルティングで中堅・中小ベンチャー企業の経営者からの支持も高い。。 著書に「宋文洲直伝 売れる組織」(日経BP社)、「会社の見直し方」(幻冬舎)。

提供会社

提供 ソフトブレーン・サービス株式会社
住所 〒101-0047
東京都千代田区内神田3-2-8 いちご内神田ビル10階
代表者 代表取締役社長 野部剛
資本金 7,790万円
売上高 非公開
従業員数 21名 ※グループ連結1,266名
事業概要 <国内30万人が実践するプロセスマネジメントのコンサルティングのパイオニア企業!!>

ソフトブレーン・サービス株式会社は、宋文洲が創業したソフトブレーン株式会社のグループ会社です。
顧客の目標達成を心から望み、我々がパイオニアである「プロセスマネジメント」の考え方とやり方を通じて、
営業課題を解決する支援をしております。これまで7400社を超える企業様のご支援をさせて頂いております。
顧客が成果を出すために、気づきを与え、実行を支援し、仕組みをつくり、営業課題を解決します。

営業部門における課題解決に向けた

1)個別コンサルティング
2)集合型コンサルティング (※企業内研修型と異業種交流スクール型があります。)  
3)コンサルティング結果を定着させるシステムツール
4)各種アセスメント

等、各種提供しております。
問合せ先 TEL 03-6859-5250 担当:坂本、中村
URL http://www.sb-service.co.jp/

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界