企業を取り巻く環境の激しく急速な変化は、経営・人事に対して、単なる変革ではなく、
その新しい在り方、パラダイムの転換を求めています。
旧来発想に縛られた人事業務や人材サービスの多くは、その居場所を失うかもしれません。

“変革”から“創造”へ。

これまでの延長線上にはない、次世代の人事価値創造をProFutureは提唱します。

NEXT HR Magazineでは業界キーマンへのインタビューや企業のHR事例をはじめ、
他領域にもその視野を広げて、新たな価値の考察を発信していきます。

Feature Contents

「“変革”から“創造”へ」をテーマに毎月巻頭特集を発信!
キーマンインタビューや先進事例など様々なテーマでお届けします。

Vol.04

NEXT HR 調査レポート・コラム

「人事不要論」は本当か?次世代型人事の在り方とは? 〜人事アンケート調査結果から読み解く〜

「人生100年時代」の到来により、従来の日本型雇用システムをベースとした働き方や、企業と働き手の関係が大きく変わろうとしている。AIの人事業務への導入など、テクノロジーによって省力化・自動化される人事業務も増え、いまのままの人事部では不要になるという声さえ聞こえてくる。

人事はどう変わるべきなのか。変わるための準備はできているのか。ProFutureが企業の人事責任者・担当者を対象に実施したアンケート調査結果から、人事の現状を分析するとともに、いま、人事が迫られている「変革」の方向性を探っていく。

Vol.03

NEXT HR キーパーソン特別インタビュー

人事部門こそが第4次産業革命の成功の鍵を握る

ビックデータや人工知能、IoTというテクノロジーの進化は、まさに「産業革命」である。雇用の在り方や産業構造の大きな転換を迎えつつある中、日本企業はこうした「変革」への対応を迫られる。そのとき、人事部門はどう対応していかなければならないのか?

前編では旧来の日本型雇用モデルにおける変革の必要性や、第4次産業革命がもたらす未来予測についてお話を伺った。後編では変化していく働き手への支援や人事がもたらす経営への影響力について語っていただいた。

Vol.02

NEXT HR キーパーソン特別インタビュー

「雇用」の概念がなくなる!?
働き方の変化が企業や人事の在り方を変える(後編)

雇用の流動性・多様性が加速している。副業やパラレルキャリアといった言葉がクローズアップされ、一つの企業に勤め、キャリアを積んでいくこれまでの「日本の働き方」が大きな転換期を迎えつつある。ビジネス環境もまた、めまぐるしく変化し、人材を確保し、生産性を維持・向上させていくことが喫緊の経営課題となっている企業も少なくない。こうした変革期において、求められる人事部門の役割・価値とは何なのか。

前回は従来型の雇用概念がなくなるとの見解から、働く人や人事部門の変容予測についてお話いただいた。後編は人事部門、人事パーソンは何をしなければならないのか掘り下げていく。

一覧

Recommend Contents

NEXT HRのテーマに関連するコンテンツをまとめてご紹介。
HRテクノロジー、働き方改革、生産性向上といったキーワードから「今」のトレンドを読み解きます。