Coming Soon
9/21(金)

15:35 - 16:35

この講演の「聴きどころ」を教えてください。
本講演は、大きく三つのパートがあります。一つ目のパートは、今叫ばれている「働き方改革」について、内容や調査データ(例えば、推進している施策や難しさを感じる施策、社員の「働き方改革」施策に対する本音など)、実態事例などを用いて全体像を説明します。その上で、何を行っていくべきかを伝え、自社としてどのように取り組むべきか考える機会を作ります。

二つ目のパートは、そういった改革の中心となる管理職にフォーカスし、起こっている現状の難しさについて説明します。特に、勤勉な管理職だからこそ陥ってしまう三つの罠、例えば、一人ひとり個別に丁寧に対応しなければならない、ととらわれることからくる罠(わな)などです。その実態について具体的に説明し、自社の管理職がどのような状態かを振り返っていただきます。

その上で、三つ目のパートとして、「働き方改革」の先に、より組織を強くするために管理職は何をするべきかについてお伝えします。残業時間を削減するだけ、多様な人を受け入れるだけにとどまらず、多様な人が一体感を持って働き、多様さから新しい価値を生み出すために何に注力すべきなのか。管理職が行うべき三つのポイントと題してお伝えします。
貴社の強みや、サービスの特徴をお聞かせください。
NEWONEは、株式会社シェイクで約15年間「自律」「リーダーシップ」をテーマに大手企業からベンチャー企業まで研修などを実施してきた経験を活かし、そのグループ会社として2017年9月に始動いたしました。

これまで培ってきた人材育成・組織開発ノウハウをもとに、これから変化する「働き方」について特化し、「生産性向上」「ダイバーシティ」「イノベーション(インキュベーション)」を3大テーマとして、新たなサービスの開発・提供を行っています。

「学びたい!」という人に学びを提供するだけでなく、「問題意識をまだ感じていない」という人に対して、必要性を喚起し、納得感から行動につなげ、手ごたえをつかんでいただくことにこだわりをもってプログラムを提供しています。また、新たな組織体だからこそ、タブーに切り込む覚悟をもって、本質を追求していくことを大事にしています。
ご参加の皆様へメッセージをお願いします。
マネジメントの難しさの一つは、矛盾する二律背反に対して向き合い、対処することだと思っています。

外部環境が急激に変化し、また「働き方改革」が進む中で、職場では二律背反がさらに増えている実態があります。それらに対して、しっかりと向き合い、二律背反を超えた打ち手を打つことが、組織に強さをもたらすものだと思います。

二律背反に対して、どちらが正しいのかと安易に片方を取るのではなく、直視して、さらによい打ち手を考えることを大事に、当日は皆さまと共に考えていきたいと思います。

講師紹介

  • 上林 周平

    上林 周平氏

    株式会社NEWONE 代表取締役社長

    大阪大学人間科学部卒業。 アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)に入社。2002年、株式会社シェイク入社。企業研修事業の立ち上げ、商品開発責任者としてプログラム開発に従事。新人〜経営層までファシリテーターを実施。 2015年、代表取締役に就任。2017年7月、「和×人材育成」をコンセプトにした和の大学株式会社を設立。2017年9月、これからの働き方をリードすることを目的に、生産性向上やイノベーションなどを支援する株式会社NEWONEを設立。 米国CCE.Inc.認定 キャリアカウンセラー

提供会社

提供 株式会社NEWONE
住所 〒102-0092 東京都千代田区隼町2-19-4F
代表者 上林周平
資本金 1000万円
売上高 5億
従業員数 35名(2021年4月現在)
事業概要 ・コンサルティング
・企業研修・組織開発
・新卒採用支援事業
・起業支援
・シェアードサービス
問合せ先 TEL:03-6261-3514
Mail:info@new-one.co.jp
URL https://new-one.co.jp/

お申込みにはHRプロサイトへのログインが必要です

ログイン
メディアパートナー
企業と人材
人事実務
人事マネジメント
労政時報
月刊総務
経済界