【世界最大のHRテクノロジーカンファレンス HR Technology Conference & Expo提携記事】 Vol.19 リモートワーク社員のエンプロイー・エクスペリエンスをどう確保するか

By: Nathan Christensen | December 26, 2019
■ブライアン・シャーマン氏による、本記事のサマリ
日本以外の多くの国では、従業員がどこからでも働くことができる「リモートワーキングポリシー」が一般的になっている。今後、リモートワーカーのエンゲージメントおよび生産性を向上させるために、御社でもどのように対応するべきだろうか?

Ensuring an enriching experience for remote employees

With the labor market as tight as it is, employers are feeling pressure to learn about the employee experience—what it’s like for individuals to be employees of their organization. This knowledge enables employers to create an enriching employment experience that attracts, engages and retains talent.

The remote employee experience can be difficult to assess. The successes and struggles of remote employees are less easily observable, and the experience may be unique within the organization. It’s for exactly those reasons, however, that managers need to be especially intentional in how they manage their remote employees’ experiences.

For many organizations, managing remote employees is new ground. For others, it’s a labor model that’s becoming increasingly prolific. Here are three simple guidelines managers can follow to ensure remote employees have a successful experience, whether they’re just starting out or increasing their remote workforce.

◆本記事の続きはこちらでご覧ください

プロフィール

グラマシー エンゲージメント グループ株式会社 代表取締役 ブライアン シャーマン

米国ニューヨーク市人事コンサルティング会社にて日系企業(NY・LA)を対象に人事コンサルタントとして従事。その後米国住商情報システムにて人事総務部長に就任。在米日系企業が抱える人事の現場を内と外の視点で支える。来日後は株式会社ファーストリテイリングでのグローバル人事業務に参画。欧米露アジア拠点の人事マネジメント業務に従事。2010年グラマシーエングージメントグループ株式会社設立。現在は、日本企業の人事のグローバル化をサポートするコンサルタントとして活躍中。

米国ニューヨーク州出身、米国Williams College卒業
2007年にSHRM、Senior Professional Human Resources (SPHR)資格取得、早稲田大学トランスナショナルHRM研究所 招聘研究員