自社の特徴に合致した計画的・戦略的な育成研修で確実な企業成長を実現 若手社員研修| テーマ別サイト

  • 資料請求
  • 資料ダウンロード
  • セミナー検索
謌仙粥蝣ア驟ャ蝙九ョ謗。逕ィ謇区ウ輔→縺励※雋サ逕ィ蟇セ蜉ケ譫懊ョ鬮倥>繝代ヵ繧ゥ繝シ繝槭Φ繧ケ繧貞ョ溽樟

若手社員研修若手社員研修のサービス検索

若手社員研修若手社員研修の資料ダウンロード

人材育成コラム 【階層別育成編】 若手社員育成 vol.1

お役立ち
ジャンル:
若手社員研修
容量:
2.9MB

提供:株式会社ラーニングエージェンシー

「新人・若手になって欲しい6つのモデル」を実現する若手特化型研修プログラム

サービス資料
ジャンル:
若手社員研修
容量:
8.1MB

提供:株式会社ジェイック

自ら成果を出せる次世代エースに成長させる継続教育プログラム「エースカレッジ」

サービス資料
ジャンル:
若手社員研修
容量:
2.8MB

提供:株式会社ジェイック

若手社員研修若手社員研修のセミナー情報

  • 5/25(水)
    株式会社マネジメントサービスセンター

    経営幹部たちは、過去数十年で最も激動のビジネス状況に直面しています。 市場、競合、消費者行動、労働力の需要などの著しく速い変化に対処する中で、最大の課題は、この困難な状況下で組織の新たな未来を築くためのレジリエンスやアジリティを備えた人材を確保できているかという点です。 本ウェビナーでは、世界各国の経営幹部と人事担当者が参加した大規模調査から明らかになった経営幹部の最優先課題に焦点を当て、これ・・・・

  • 5/25(水)
    東京都
    株式会社ラーニングエージェンシー

    4月になり、多くの企業が2022年卒新入社員を迎え、現在その育成に力を注いでいることと思います。 新卒社員を優れたビジネスパーソンへと育成することは、企業の継続的な発展の要とも言えるでしょう。 しかしながら、そうして会社の将来を担うことを期待される新卒社員の中には、 入社後2〜3年経つと、「将来が見えない」「自分にこの仕事は向いていない」などの ネガティブな感情を抱き、意欲が低下してしまう人もい・・・・

  • 5/25(水)
    フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社

    ◆こんな課題をお持ちの人事担当者様にお勧め◆ ● 過去のやり方や成功体験に固執せず、イノベーティブな見方や発想ができる人材が必要。 ● 指示待ちではなく、自ら考えて働く主体的な人材が必要。 ● グローバル人材として海外でもリーダーシップを発揮できる人材が必要。 ● 次世代のリーダーとしての土台を身につけさせたい対象層がいる ● 形骸化しがちな企業理念やビジョンを全社的に浸透させたい。 ◆セ・・・・

  • 5/26(木)
    学校法人産業能率大学 総合研究所

    今、人材育成のキーワードとして最も注目されている「人的資本経営」。 その最新版報告書「人材版伊藤レポート2.0」が、経済産業省から5月13日(金)に公表されました。 同時に「実践事例集」「人的資本経営に関する調査報告書」も公表されています。 この最新情報を経済産業省のキーパスン(経済産業 政策局産業 人材課長 島津裕紀様)とコンサルタントが鼎談するタイムリーなイベントが、5月26日(木)13:3・・・・

  • 5/26(木)
    東京都
    株式会社ラーニングエージェンシー

    当社には多くの企業さまから、以下のようなお悩みの声が寄せられています。 「管理職が世の中の変化についていけていない」 「管理職育成のやり方が今のままでいいのか疑問だ」 「優秀と思って異動させた管理職がまったく機能していない」 このようなお悩みを解消するには、客観的な視点で管理職のスキルを 見える化することです。 そこで、今の管理職に求められるスキルとは何か、またそのスキルを開発する方法、 ・・・・

  • 5/26(木)
    株式会社ジェイック

    <セミナー概要> ◆POINT1:“第3世代”に突入したマネジメントの潮流 ・第1世代:「ルールと報酬」のマネジメント ・第2世代:「企業理念と共感」のマネジメント ・第3世代:「社会的価値と個」のマネジメント ◆POINT2:世代が変わり、離職理由も変わったのか? ・「離職理由:不動の1位」は変わらない ・会社が「本当の退職理由」を掴めなくなった理由 ・変わったのはメンバーからの“発信の形” ・・・・

  • 5/26(木)

    『wevox × 1on1』

    人材育成・研修全般無 料
    ビジネスコーチ株式会社

    近年、「エンゲージメントの向上」が会社組織の発展にとって最重要課題であるという認識が広がっており、エンゲージメントの状態を測るサーベイの導入が多くの企業で進んでいます。 一方で、「どのようなサーベイが自社に適しているのか」「導入にかかる負荷はどれくらいかかるのか」等、エンゲージメントサーベイ導入の検討段階にある企業もまだまだ多く見られます。 また、「導入後の施策はどうしたらよいのか」というフォ・・・・

  • 5/27(金)
    株式会社マネジメントサービスセンター

    ビジネス環境と働き方が激変するなかで、リーダーは、新たなスキルの迅速な習得、多様な働き方のチームのマネジメント、ビジネス成果の達成とメンバーのウェルビーイングとのバランス、リテンションへの対応といった、難しい対応を迫られています。 人事担当者は彼らの能力開発を加速させるためのさまざまな取り組みを行っていますが、 果して、彼らが望む支援ができているでしょうか? 本ウェビナーでは、大規模調査が示唆・・・・

  • 5/27(金)
    東京都
    株式会社ラーニングエージェンシー

    この数か月、テレワークを導入する企業が急増するなど、働き方は大きく変化しました。3月決算の企業さまであれば、事業環境の急激な変化に対応できるかどうかは、社員一人ひとりの能力に懸かっています。 それに伴い、人材育成施策も「実践すること」だけではなく、「成果(効果)にコミットすること」が求められるようになりました。 人材育成の効果を高めるためには、企業が求める人材像を明確にした"教育・育成・・・・

  • 5/30(月)
    ビジネスコーチ株式会社

    今、注目度の高いワードである「人的資本」。 国から人的資本の開示要請が出るほど、人材への投資が重要視されており、このVUCAの時代において、 企業の持続的成長を促すために必要な投資とされています。 この人材への投資の取り組みの1つとして、多くの企業が人材の配置転換や採用を強化していますが、一方でその先のオンボーディングにおける課題が浮上しているのも事実です。 <想定される事象例とその要因> ・・・・