人材採用のエン・ジャパン株式会社が、「女性活躍推進」についてのアンケートを実施した。アンケート調査は、同社が運営する、「入社後」までを見据えた日本最大級の総合求人・転職支援サービス『エン転職』上で行われ、9,241名から回答を得た。
同調査では女性が活躍する職場に対する従業員の捉え方や管理職への意欲に関する傾向が明らかとなった。

“女性が活躍している”と感じるか否かは、女性管理職の存在がカギ

まず、「これまで働いてきた会社で“女性が活躍している”と感じたことはありますか?」との質問に対して、「はい」と答えた人の割合は半数以上の59%。「いいえ」の25%を大きく上回った。この割合に関して、男女の差は見られなかった。

“女性が活躍している”と感じたことがある理由として最も多く得られた回答は、「女性の管理職や役員がいる」(54%)。「男女共に同じ仕事を任されている」(34%)が次に続いている。
逆に、「“女性が活躍している”と感じたことがない」と回答した人の理由では、「女性の管理職や役員がいない」、「女性の管理職や役員が少ない」が42%で同率1位、3位「男女で任される仕事に違いがあるように見える」(36%)という声が挙がり、“女性が活躍している”と感じるか否かは、女性管理職の存在が鍵となる結果が現れる形となった。

次ページへ

  • 1
  • 2