業種を問わない優れた適性診断で
企業をバックアップ

採用:適性診断パッション診断システム PETU

提供:株式会社ベクトル

メンタル重視時代のWEB適性診断

「人事のトータルソリューションを提供できる我が国唯一の企業」を目指し設立され、企業の組織人事業務全般を熟知したコンサルティング会社として評価を受ける株式会社ベクトル。人事制度・教育・研修コンサルティングを得意としながらも、多角的に企業をバックアップするプログラムを幅広く提供している。

そのひとつが「適性診断」。業界内では、リクルート社が提供したサービスが広く知られているが、同社が展開するパッション診断システム「PETU」はストレス耐性などのメンタル面だけでなく、今日企業が求める「自律性の高いリーダー適性人材」を、応募者または従業員の中から見つけるための適性診断として、「使い勝手が良くリーズナブルなのに質が高い」革新的な新たな適性診断として脚光を浴びている。

適性診断は、従来は紙(マークシート)での実施が主流であったが、診断結果をサービス導入企業、あるいはベンダーで採点していたため、時間と手間がかかることが難点だった。特に、業務適応を左右するメンタル面での診断は採用の前段階でさらに重視されるようになり、より早く結果が分かるサービスとしての改良化が望まれていた。

インターネットが普及したことで、適性診断もWEBに移行。パソコンやタブレット、スマートフォン(対応機種指定あり)で受診ができ、結果もすぐに確認できるため、検査結果をもとに採用面接が行えるようになった。作業スピードや正確性などサービス品質が大幅に改善されたことで、現在ではWEBでの実施が主流になりつつある。

新卒採用・既存社員教育のあらゆるニーズに対応可能

2005年に開発し、翌2006年から販売スタートした「PETU」の主な用途は、新卒採用での選考に伴う利用が多く、同サービス導入企業の7割〜8割を占めている。利用タイミングは、「説明会に呼ぶか呼ばないかのスクリーニング」、あるいは「面接に進ませるかどうかの判断のため、説明会会場で行う」が過半数だ。とはいえ、企業によって用途やタイミングはさまざま。あらゆるニーズに応えるポテンシャルが高いことも魅力で、ますます人気があがっている。

利用目的は、採用後のリスクを判別することが主で、「メンタル的に問題がないか」「自社業務に適した人材か」を参考にする企業が多い。他社サービスに比べ、同社の「PETU」は受講者のポテンシャルやパッション、リーダー・マネージャー資質の有無などの診断結果も得られることから優位性が高い。幅広いデータを入手できるため、企業にとって多角的に判断する際の材料となる。

パッション診断システム「PETU」の診断結果サンプル

昨今の若い世代は、主体的に考えたり自立性がある人間が減っており、「仕事を通じて自己実現を」「キャリアを作り上げる」という考えが少ない。こうした背景もあり、自立性を持つ人材の希少価値が高いことから、貴重な人材を見出すためにさらに導入企業は増えるといわれている。

パッション診断システム「PETU」の診断結果サンプル

導入事例のもうひとつが、既存社員への活用。こちらは主に、人材育成や、職務への適性判断として利用されており、現在、同サービス導入企業の2割〜3割が既存社員用としての活用だ。 たとえば、管理職研修の場で全員に「PETU」を受講してもらい、個々の特性や強みのみならず弱点を判別する。この結果をもとに、弱点強化を行うだけでなく、強みをさらに伸ばしていくカリキュラムの提供や、研修、勉強会の開催など、科学的分析にもとづいた効果的かつ合理的な教育が行える。

パッション診断システム「PETU」の診断結果サンプル

また、社員のカウンセリングを目的に、半年や1年毎など定期的に社員に「PETU」を受検させる企業もあり、導入事例の幅広さがうかがえる。
所要時間をそれほど必要とせず、価格がリーズナブルなことも同サービスの特徴。「計95問」「所要時間15分〜20分」「価格1,500円/名」で受講可能だ。また、オプション(500円)で、言語非言語や、国語算数など学力テストが付加できる。設問・回答は業種によって差異がでるものではなく、すべての業界で利用することが可能だ。

正社員用/パート・派遣用のどちらもリピート率が高く好評

パート・派遣用も用意されており、主に小売・サービス業などにおいて、対人サービスの即戦力であるかの判別をはじめ、組織人としての基本要素や協調性などが検査結果として得られる。 こちらは、「計70問」「所要時間10分〜15分」「価格250円/名」。非正規社員向けのWEB適性診断であり、短時間で正確な診断を可能にしたのは同社サービスのみと言われている。このため、リピート率が非常に高くユーザー数をさらに拡大している。

パッション診断システム「PETU」の診断結果サンプル

正社員用/派遣・パート用ともに完全従量制で、「何名からサービス提供可能」といった最低人数設定もなく、初期投資も一切不要。検査結果は、人事担当者以外の人間が見てもわかりやすい項目やデータになっていることから、現場のマネージャーも理解しやすく、参考にしやすいことも大きなメリットといえる。

導入を検討している企業は、同社にメールや電話で連絡し、お試しで5名まで利用ができる。気に入ったら実際に希望する受講者数で申込み、というオーダー方式なので、利用企業にとって安心感があると好評だ。 2015年7月現在の導入事例は、正社員用が200社弱・およそ10万人。パート・派遣用は100社・5万人ほど。どちらも急速にシェアを拡大しており、市場で先行している既存サービスから、同社への切り替えニーズが多いという。

新卒採用だけでなく、人材教育も視野に入れて設計されており、さらにメンタルタフネスの診断も加味したWEB適性診断「PETU」
非正規社員を対象とした、より安価に実施できるWEB適性診断「PET−p」。今後もブラッシュアップを重ねながら、さらにマーケットシェアを広げていくことは間違いないだろう。費用対効果に敏感な人事、現場マネージャー層からますます期待が持たれている同サービスの今後に注目だ。

この企業の関連情報

資料ダウンロード

関連セミナー

現在、受付中のセミナーはありません