社員研修だけでなくアセスメントから学習アプリ、人材育成サービスをトータルで支援可能!!

そのお悩み「ラーニングエージェンシー」が解決します!

ラーニングエージェンシーの強み

  • 強み01自社専任の講師陣

    研修講師は、外部のコンサルティング会社から委託するケースが一般的です。しかしラーニングエージェンシーでは、自社専任で多数の講師をそろえています。また、研修講師として登壇できるようになるには、社内の厳しい試験を合格しなければなりません。そのため、講師全員が高い品質を持ち合わせているため、安心して受講いただけます。

  • 強み02多数の支援実績

    「人材育成 支援実績累計13,000社」
    「社員研修 受講者数累計350万人」
    「研修満足度97.6%」
    ラーニングエージェンシーは、さまざまな業界・業種の企業への圧倒的な支援実績があります。

  • 強み03オンライン/オフライン
    どちらにも対応

    ラーニングエージェンシーの研修形式は、会場/オンラインを使いわけ、リアル/デジタルを融合させ実施しています。オンライン研修でも、会場研修さながらに講師への質疑応答や、受講者同士のグループワークが可能です。また、リモートワークやシフト勤務に対応し、いつでも・どこでも・何度でも受講できるよう研修サービスも提供しています。

ラーニングエージェンシーがお客様の人材育成をトータルに支援
個人の成長を促す3ステップを元に各種サービスを提供し、貴社の研修効果を高めます

アセスメントサービスで自身の弱みを把握。
インプットだけでなく、アウトプットまで
トータルで学びを得ることで、早期戦力化を実現。

サービス・社員研修

Step01 | アセスメントサービス(正しい自己認識・現状把握)

Step02 | 教育・学習サービス(学び・インプット)

おすすめ研修

    新人/若手社員向け

  • ビジネスマナー
  • ビジネスライティング
  • 報連相

    リーダー人材向け

  • 部下育成シリーズ
  • ファシリテーション
  • プロジェクトマネジメント

Step03 | 実践型サービス(行動・実践・習慣化)

おすすめ研修

    新人/若手社員向け

  • 特訓!仕事の段取り
  • 特訓!報連相
  • 特訓!メールの書き方

    リーダー人材向け

  • 実践!部下の目標設定
  • 実践!管理職の準備
  • 特訓!会議ファシリテーション

お役立ち情報

ノウハウ集

  • 新入社員育成プランツール

    このプランツールは、毎年5,000人以上の新入社員を研修する弊社が、時間がない中でも効率よく効果的な育成計画をたてられるように仕上げました。
    ぜひご活用いただければと思います。

    ダウンロードはこちら
  • 人材育成コラム 【階層別育成編】 管理職育成

    人材育成支援実績10,000社以上のラーニングエージェンシーが、現場で役立つ管理職育成の「コツ」や「ポイント」をお伝えします。

    ダウンロードはこちら
  • 正しい自己認識を社員に促す!社員1人ひとりの「スキル可視化」のススメ

    社員一人ひとりのビジネススキルの現状を「可視化」するアセスメントツールのご紹介資料になります。

    ダウンロードはこちら

調査レポート

  • 【管理職意識調査】目標達成している管理職には共通の傾向あり

    2021年8月3日〜2021年10月11日の期間で、1,715人の管理職を対象に実施した「管理職意識調査」の結果を公表いたします。

    ダウンロードはこちら
  • 【内定者意識調査】内定者の72%が「自分の能力」に不安と回答し、「人間関係」への不安を上回る

    2021年10月19日〜2021年11月30日の期間で、2022年度入社予定の内定者743人を対象に実施した「内定者意識調査」の結果を公表いたします。

    ダウンロードはこちら
  • 【組織・チームのあり方の変化に関する意識調査】79.8%の管理職が、この10年間で管理職に求められる役割が変わったと回答

    2021年10月11日〜2021年12月13日の期間、ビジネスパーソン5,099人を対象に行った調査から「求められる管理職像の変化」に関する結果を公表いたします。

    ダウンロードはこちら

その他、人材育成・社員研修に関するお役立ち資料は
こちらからダウンロードしてご活用ください

資料一覧はこちら

セミナー情報一覧

現在申し込み受付中のセミナーをご紹介します。
(各セミナーのタイトル、または「詳細・申込」ボタンから詳細をご覧いただけます。)

  • 8/16(火)

    お客様から管理職の育成で、以下のようなお悩みを伺います。 「考え方がプレーヤーのままであり、組織視点が持てていない」 「新しいやり方を模索してほしいが、現状維持・前例踏襲になっている」 「会社の方針を現場にうまく伝えることができていない」 「部下を育成してほしいが、できていない」 このようなお悩みは、管理職として期待されるリーダーシップやマネジメント力を 管理職自身が発揮できて・・・・

  • 8/17(水)

    近年DXを始め、多くの企業で従来とは異なる領域に注力することが求められています。 その領域で必要なスキルを習得しなおすことなどを「リスキリング」といいます。 ただ「リスキリング」については、ある誤解を持たれがちです。 今回の研修ではその誤解を踏まえ、 社員の「リスキリング」を実現するうえで重要なポイントをお伝えします。 社員の「リスキリング」を後押しする施策を何か始めたい、 も・・・・

  • 8/18(木)

    令和4年4月1日、パワハラ防止法の義務化が中小企業にも適用されました。 ハラスメントは個人の尊厳や人格を不当に傷つける許されない行為です。 また、企業におけるハラスメント問題は人材流出や業績悪化の原因となりかねないため、対策に取り組んでいない場合は早急な対応が必要です。 しかし 「正直、なにから手を付けたらいいかわからない…」 「現場実務と人事を兼務しているので、対応に時間をかけられ・・・・

  • 8/22(月)

    デジタルネイティブと呼ばれるZ世代新卒社員。 特に今年入社した新卒社員は、学生時代の授業や就職活動をオンラインで経験しており、 私たちが思う以上にこれまでの新卒社員と異なるマインドを持っています。 こうした新人を活かすのも潰すのも、全ては現場のOJT次第。 現場で活躍できる新卒社員を育成するには、OJTを「成り行き任せ」や「経験頼み」にしないのは勿論のこと、 人事・教育担当者や現場の・・・・

  • 8/23(火)

    東京都

    「人事評価は難しい」 これは、人事の方からよく聞くお悩みのひとつですが、 「なぜ難しいのか」その本当の理由を把握できている方は多くありません。 実は評価自体の難しさに加え、結果を適切にフィードバックできるか否かが、人事評価の成否を分ける重要な要素なのですが、それに気がついている方はごくわずかです。 そこで今回、「なぜ人事評価が難しいのか」その理由を明確にした上で、 最低限おさ・・・・

  • 8/24(水)

    経営層や人事から発信した内容を社員が正しく汲み取ってくれないことは、 組織の方針浸透や業務上の情報共有を行う上での支障となります。 こうしたことの原因の一つに、社員のビジネス読解力 (ビジネスの場面において文章や言葉から物事や意図を正しく捉える力)が 不足していることが挙げられます。 本セミナーでは、経営層・人事の方を対象に、社員のビジネス読解力の高め方をお伝えします。 ※・・・・

  • 8/25(木)

    昨今の急激な外部環境の変化により、企業の経営難易度は格段に増しています。 その要因の一つとして、働く社員の価値観の多様化があります。 特に「Z世代」と呼ばれる20代前半の若手社員に対して、彼らが何を考えているのかが掴めず、モチベーションの高め方や関わり方に難しさを感じている方も多いのではないでしょうか。 世代ごとに持っている価値観は異なるため、企業側も従来の対応を続けるのには限界があり、・・・・

  • 8/26(金)

    当社には多くの企業さまから、以下のようなお悩みの声が寄せられています。 「管理職が世の中の変化についていけていない」 「管理職育成のやり方が今のままでいいのか疑問だ」 「優秀と思って異動させた管理職がまったく機能していない」 このようなお悩みを解消するには、客観的な視点で管理職のスキルを 見える化することです。 そこで、今の管理職に求められるスキルとは何か、またそのスキル・・・・

  • 8/30(火)

    例えばトヨタ自動車の有名な基本思想「自働化」「ジャスト・イン・タイム」。 これは、製品の品質向上と効率生産という目的のもと、社員に浸透させている独自の「共通言語」と言えるでしょう。 組織の価値観やビジョン、メソッドを社員間で共有し、同じ方向に業務を進めるためには、共通言語が欠かせません。 逆に共通言語がないと、お互いの認識にズレが生じ、コミュニケーションの質が低下することで、プロジェクト・・・・

  • 8/31(水)

    どの企業にとっても喫緊の課題である「人材強化」。 ある調査では、卸売業では特に、人材強化の課題が強く意識されている一方 他業種と比べて人材育成施策はあまり実施されていないという結果が出ています。 人材強化には、計画的で体系的な人材育成施策が必要です。 貴社の管理職は、「俺の背中を見て育て」という 自身の成功体験に頼る教え方になっていないでしょうか? 成功体験は時に必要ですが、そ・・・・

  • 9/7(水)

    ―各業界を代表する4社の人事・人材開発責任者が語るー ―人材育成の「挑戦」と「改革」― 人材育成を見つめ直し、変革に向けて挑戦を続けている 日本有数企業の人事・人材開発責任者が赤裸々にその取り組みを語る! 参加者満足度約90%※の人気カンファレンスが再び開催! 経営者、人事・教育担当の皆さまにとって 自社の「人材育成」をよりよくするためのきっかけとなりましたら幸いです。 ・・・・

  • 9/8(木)

    ―各業界を代表する4社の人事・人材開発責任者が語るー ―人材育成の「挑戦」と「改革」― 人材育成を見つめ直し、変革に向けて挑戦を続けている 日本有数企業の人事・人材開発責任者が赤裸々にその取り組みを語る! 参加者満足度約90%※の人気カンファレンスが再び開催! 経営者、人事・教育担当の皆さまにとって 自社の「人材育成」をよりよくするためのきっかけとなりましたら幸いです。 ・・・・

  • 9/9(金)

    新入社員が入社し早3ヶ月、貴社の新入社員育成は進んでいますか? 現場で活躍できる新入社員に育てるには、人事部や配属先など会社全体でフォローすることが大切です。 せっかくポテンシャルがある新入社員でも、適切なサポートが得られないことで2年目以降に伸び悩み、早期離職に結び付く可能性もあるでしょう。 本セミナーでは、新入社員3,659人に対するアンケート結果を基にした最新の新入社員動向や、・・・・

  • 9/13(火)

    近年DXを始め、多くの企業で従来とは異なる領域に注力することが求められています。 その領域で必要なスキルを習得しなおすことなどを「リスキリング」といいます。 ただ「リスキリング」については、ある誤解を持たれがちです。 今回の研修ではその誤解を踏まえ、 社員の「リスキリング」を実現するうえで重要なポイントをお伝えします。 社員の「リスキリング」を後押しする施策を何か始めたい、 も・・・・

  • 9/15(木)

    デジタルネイティブと呼ばれるZ世代新卒社員。 特に今年入社した新卒社員は、学生時代の授業や就職活動をオンラインで経験しており、 私たちが思う以上にこれまでの新卒社員と異なるマインドを持っています。 こうした新人を活かすのも潰すのも、全ては現場のOJT次第。 現場で活躍できる新卒社員を育成するには、OJTを「成り行き任せ」や「経験頼み」にしないのは勿論のこと、 人事・教育担当者や現場の・・・・

  • 9/21(水)

    お客様から管理職の育成で、以下のようなお悩みを伺います。 「考え方がプレーヤーのままであり、組織視点が持てていない」 「新しいやり方を模索してほしいが、現状維持・前例踏襲になっている」 「会社の方針を現場にうまく伝えることができていない」 「部下を育成してほしいが、できていない」 このようなお悩みは、管理職として期待されるリーダーシップやマネジメント力を 管理職自身が発揮できて・・・・

  • 9/22(木)

    経営層や人事から発信した内容を社員が正しく汲み取ってくれないことは、 組織の方針浸透や業務上の情報共有を行う上での支障となります。 こうしたことの原因の一つに、社員のビジネス読解力 (ビジネスの場面において文章や言葉から物事や意図を正しく捉える力)が 不足していることが挙げられます。 本セミナーでは、経営層・人事の方を対象に、社員のビジネス読解力の高め方をお伝えします。 ※・・・・

  • 9/28(水)

    当社には多くの企業さまから、以下のようなお悩みの声が寄せられています。 「管理職が世の中の変化についていけていない」 「管理職育成のやり方が今のままでいいのか疑問だ」 「優秀と思って異動させた管理職がまったく機能していない」 このようなお悩みを解消するには、客観的な視点で管理職のスキルを 見える化することです。 そこで、今の管理職に求められるスキルとは何か、またそのスキル・・・・

  • 9/29(木)

    当社には多くの経営者・人事責任者から、次のようなお悩みが寄せられます。 「人材育成を進めたいが、現場が人手不足で育成に取り組めない」 「人材育成を進めたいが、現場からは『業務が忙しいので育成に時間は割けない』と言われてしまう」 人手不足・時間不足は多くの企業に共通する経営課題です。 今回は、13,000社の企業をご支援してきた経験をもとに、 人手不足・時間不足の環境下で育成を進める・・・・