お問い合わせ
グローバルに活躍する経営人材、変革人材育成 日経ビジネススクール
  • 法人向け人材育成ソリューションとは
  • グローバル人材の育成
  • 経営人材の育成
  • 変革人材の育成
  • 課題の発見からプログラムの策定まで
お問い合わせ 閉じる

新規事業領域への人材配置が加速している

様々な企業で、I T 事業や新規事業への配置転換が検討/ 実施されています。中には、数千人規模で実施している企業もあります。ビジネス環境の変化、テクノロジーの進化によって労働力のAI、ロボットへの代替が進むと、既存事業から新規事業へ人材を移行する流れは今後ますます加速していくと考えられます。

AI、ロボットにより代替が可能になり 変革が必要な人材の割合が増える

変化の激しい時代においては、人材が競争優位の源泉になる

既存の市場を破壊し、一新させる企業が覇権を握る競争時代へと突入している中、企業は多様な人材がそれぞれの強みを活かせる環境づくりを考える必要があります。
日本経済新聞社 日経ビジネススクールでは「グローバルにビジネスを推進し、社会に変革と活力をもたらす人材を育成すること」をミッションに、経営人材、変革人材の育成をはじめとした様々な人材育成サービスをご用意しています。

日経の法人向け人材育成ソリューションとは

日本経済新聞社では、サクセションプランに合わせた人材育成の課題に対するソリューションを提供しております。
特に重要と考える3つのテーマに対して、具体的なプログラムを以下にご紹介します。

  • グローバル人材の育成
  • 経営人材の育成
  • 変革人材の育成
グローバル人材の育成 経営人材の育成 変革人材の育成

グローバル人材の育成

  • チームが思ったように動かない
  • 人脈が広がらない
  • プレゼンが響かない

経営人材の育成

  • 経営陣に必要な知識、スキルが不足している。
  • 経営戦略やマーケティングを学ばせてみても、事業構想力が低い。
  • 視座が低く、経営者としての目線を獲得できない

次世代の経営人材として、非連続な時代を乗り越えるリーダーとしての素養を身につける、様々な教育サービスを用意しています。

変革人材の育成

ビジネス環境
  • 新しい価値を創出するために必要な外部環境を認識するための情報リテラシーが低い
  • 新しい価値を創出するために必要な外部環境認識の情報の質と量が足りていない。
  • 情報をとる必要性を感じていない。

新しい価値を創出するため、ビジネスパーソンとしての視座・視野・視点を鍛える様々なサービスを提供しています。

課題の発見から、プログラムの策定まで

人材育成における戦略立案をサポートします。目指す姿や全社戦略、中期経営計画などをお聞かせください。
お伺いした内容を踏まえ、研修、アセスメント、eコンテンツなど、
多彩なサービス群から学習者の学びの効果が最大化するプランを提案します。

変革の時代にあって、研修体系の見直しを迫られている。多様な学び方に応える環境を社員に提示する必要がある。課題が多く、解決すべき優先順位がつけられない。

STEP 1 背景・課題のヒアリング STEP 2 プログラムのご提案

  • 目指す姿や戦略などの詳細なヒアリング及びディスカッションを通して、人材/組織における課題を共有します。

    全社戦略 各機能別戦略 人材・組織戦略
  • お伺いした内容をふまえ、研修・アセスメント・eコンテンツなど、多彩なサービス群から学習者の学びの効果が最大化する最適なプランをご提案します。

    育成課題×コンテンツ群×学びの形態 = 貴社だけのプログラム
相談する

無料セミナー情報

現在申し込み受付中のセミナーをご紹介します。
(各セミナーのタイトル、または「詳細・申込」ボタンから詳細をご覧いただけます。)

現在、受付中のセミナーはありません