受付終了
SF04

ナビ・イベントからの脱却で新卒採用はどう変わる? 〜年間100名をオファー型で採用する事例をもとに考察〜

「個」の時代。就活生一人ひとりに向き合った採用が求められる中、手法はどのように変化させるべきなのでしょうか。当講演では、企業側から学生にアプローチする「オファー型」をメインチャネルに成長させるなど、採用チャネルを分散させることで採用人数(量)と採用したい学生の獲得(質)を共に実現する、パーソルプロセス&テクノロジーを迎えて、ナビ型やイベントに依存しない採用のあり方を考えます。

【協賛】株式会社i-plug

提供:ProFuture株式会社

解決できる課題

  • 新卒採用の変化に対応した採用手法を導入したい
  • 採用戦略を見直したい
  • ターゲット層の応募者を集めたい

講師

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 プロダクト推進統括部 ゼネラルマネジャー
朴 勝燮 氏

2007年、株式会社インテリジェンス(現:パーソルキャリア株式会社) に新卒入社。新卒採用業務、エンジニア領域の中途採用業務に従事した後、関西拠点の立ち上げのため異動。拠点責任者として営業〜人事領域に携わる。その後、人材開発部のゼネラルマネジャーに着任し、採用・人事領域の責任者を務める。現在は、プロダクト推進統括部へ異動し、人事で得た経験をもとに会社の新規プロダクト開発を推進。

株式会社i-plug 取締役 COO
直木 英訓 氏

1981年石川県生まれ。2004年立命館大学政策科学部卒業。2016年グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻修了(MBA)。新卒で株式会社インテリジェンス(現パーソルグループ)に入社。アルバイト・パート事業で営業と企画のマネジメントを務めた後、新卒紹介事業の責任者に就任。2014年i-plugの取締役に就任し東京オフィスの立上げに従事。現在は営業、マーケティングを統括。