7/24(水)17:30 - 18:20
受付終了
SF12

日本企業の採用革新の、これから 〜経団連の就活ルール廃止で、企業が考えておくべきこと 〜

経団連のいわゆる「就活ルール廃止」宣言により、日本新卒採用はより競争自由化に向けて変化していく様相を呈しています。
そこでは、従来の横並び的な新卒採用手法ではなく、個々の企業が自社独自の採用戦略を構築し、自ら採用革新を進めていく必要があるでしょう。
本講演では、書籍「日本の採用革新」の共著者である神戸大学大学院経営学研究科 准教授の服部泰宏氏にご登壇いただき、経団連の就活ルール廃止で、日本企業の採用革新がどう進んで行くのか、採用学の知見からお話しいただきます。


【協賛】日本データビジョン株式会社

提供:ProFuture株式会社

講師

  • 服部 泰宏氏

    服部 泰宏氏

    神戸大学大学院経営学研究科 准教授

    神戸大学大学院経営学研究科准教授。神奈川県生まれ。 国立大学法人滋賀大学専任講師、同准教授、国立大学法人横浜国立大学准教授を経て、 2018年4月より現職。 日本企業における組織と個人の関わりあいや、ビジネスパーソンの学びと知識の普及に 関する研究、人材の採用や評価、育成に関する研究に従事。 2010年に第26回組織学会高宮賞、 2014年に人材育成学会論文賞などを受賞。

閉じる