国家公務員が求職者として登録している「官民ジョブサイト」(内閣府)

掲載日:2024/01/04 ※最終更新日:2024/01/05

    国家公務員が求職者として登録している「官民ジョブサイト」(内閣府)

    労働市場で希少な人材に出会える完全無料の求人サイト

    国家公務員の中堅・シニア層(45歳以上)が登録している求人サイト。スカウト機能あり。国家公務員の再就職規制に対応しており安心です。

    資料請求・問い合わせる

    \こちらのサービスは、サービスに関する資料がその場でダウンロードできます/

    サービス基本情報

    時期・期間:通年
    実績社数:登録1200社
    登録者数:約2400人
    対象主要業界:すべて
    対象地域:全国
    対象企業規模:すべて
    費用:完全無料(登録から採用まで料金負担なし)
    提供会社:内閣府官民人材交流センター

    解決できる課題・このサービスをおすすめしたい企業

    ターゲット層の応募者を集めたい

    労働市場で希少なさまざまな行政分野の経験者がいます。 専門資格保有者、管理職経験者も登録しています。 (21省庁・約2400人が登録)

    採用経費を削減したい

    完全無料でご利用いただけます。(登録から採用まで料金負担なし)

    効果的なキャリア採用を行いたい

    求人を掲載して応募を待つだけでなく、求職者情報を検索・閲覧して、求人に応募して欲しい求職者にスカウトをすることができます。

    サービス内容

    21省庁・約2400人の国家公務員が登録している求人サイト。スカウト機能があるので、ダイレクトソーシングにも使えます。
    (登録から採用まで料金負担は一切なし)

    内閣府官民人材交流センターでは、国家公務員の中堅・シニア層(45歳以上)に特化した求人サイト「官民ジョブサイト」を運営しています。官民ジョブサイトに求人を掲載すると、求職者の国家公務員が閲覧・応募できる仕組みになっています。

    ■求職者(登録している国家公務員)
    ・働きながら転職を希望する職員(一部退職者も含む)が登録(21省庁・約2,400人)
    ・職員の経験分野や役職段階は多様で、専門資格保有者も少なくありません。
    ・年齢層は50台後半層が一番多く、約4割

    ■求人者(事業主)
    ・全国の企業・団体が登録(約1,200企業・団体)
    ・民間企業のほか、国公私立の大学、非営利法人、士業事務所など、様々な企業・団体にご利用いただいています。

    ■「官民ジョブサイト」の5つの特長

    ①完全無料
    利用開始から採用決定まで、料金は一切かかりません。

    ②レア人材
    他のサービスでは探しにくい特定分野の人材が求職者として登録しています。公務で培った高い専門能力・事務能力を持つ経験豊富な人材を採用いただけます。幅広い業種・地域の人材ニーズにも対応しています。

    ③安心(利害関係等の確認の仕組み)
    求人への応募が国家公務員に固有の規制(利害関係のある企業等への求職活動の禁止)に抵触しないか官民人材交流センターが事前チェックするので、安心して利用できます。

    ④情報検索
    利用登録後、すぐに求職者情報(職務経歴、資格・免許、自己PR等)を検索・閲覧できるようになります。どのような求人を出すか、求職者情報を確認しながら検討できます。

    ⑤スカウト
    求人への応募を待つだけではなく、求職者情報を検索・閲覧して、掲載中の求人に応募して欲しい求職者がいた場合には、求人への応募をお勧めする「スカウト」ができます。

    【詳細・利用申込み】
    内閣府ウェブサイト 官民人材交流センター
    https://www8.cao.go.jp/jinzai/kyuzin_jigyosya.html

    【お問い合わせ】
    内閣府官民人材交流センター 
     電話 03-6268-7677

    国家公務員が求職者として登録している「官民ジョブサイト」(内閣府)

    事例紹介・導入企業の声

    官民ジョブサイトを利用して国家公務員を採用した企業・団体の皆さまからご評価いただいています

    • アンケートでご回答の多かった官民ジョブサイトの長所

      【1位】他のサービスでは探しにくい特定の行政分野の経験者がいる
      【2位】国家公務員の再就職規制を心配する必要がない
      【3位】無料である
    • メーカー、従業員5000人以上

      事業者として守るべき法令や規制が3省庁の分野にまたがっている。社内のコンプライアンス体制強化のためアドバイスをしてもらうとともに、研修講師もやってもらっている。
      国家公務員OBならではの部分として、役所目線でわれわれ民間企業のやり方が妥当なのかどうかを見てもらっている。
      われわれ製造業では特殊な業界用語もあるし、役所側から見るのとは違う面もあると思うので、ある程度とまどわれたかもしれない。来ていただいた方は、こちらが驚くくらい腰が低く、努力されているので有り難い。
    • 地域金融機関

      内部監査の担当であるが、国家公務員OBならではの部分として、役所対応へのアドバイスをしてもらっている。
      勤務していた別の県から出身である当県に戻ってくることにしたとのことで、タイミングが良かった。
    • 公立大学

      国家公務員OBからの採用は初めてだったが、産学連携コーディネーターのポストなので、地元の産業界にネットワークがあり、大学や市役所への出向経験など多くの経験があるのが良かった。
    • 設備管理分野の非営利団体

      募集ポストで必要な豊富な管理職経験、関係先との調整能力、法令に基づく事務処理を行う上で必要な高い理解力、当団体の事務に必要とされる知見を短期間に正確に理解する能力を有する人材が欲しかったことなど、いずれにも該当する人材を、再就職規制に抵触することなく確保できたことは、大変ありがたく思う。
      国家公務員管理職は人事異動しても短期間に適応し能力を発揮することを繰り返し経験しており、即戦力として貴重と思う。

    よくある質問

    Q.正社員の求人のみが対象ですか?
    A.正社員(職員)の求人だけでなく、契約社員(職員)、嘱託社員(職員)などの多様な求人でご利用いただいています。役員や顧問の求人でのご利用実績もあります。
    Q.利用登録をしたら、すぐに求人を出さなければいけませんか?
    A.求人を出す時期はご自由にお決めいただけます。すぐに求人がなくても利用登録後は求職者の情報が検索できますので、まずはお気軽にご利用登録からお願いできればと思います。

    会社情報

    社名 内閣府官民人材交流センター
    住所 〒100-0004
    東京都千代田区大手町1-3-3
    大手町合同庁舎第3号館
    代表者 官民人材交流副センター長 平池栄一
    資本金
    売上高
    従業員数
    資料請求・問い合わせる

    \こちらのサービスは、サービスに関する資料がその場でダウンロードできます/


    • 労政時報
    • 企業と人材
    • 人事実務
    • 月刊総務
    • 人事マネジメント
    • 経済界
    • マネジー